RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12
11
CM:4

12:37
Category : 旅行
事故札(じこさつ)? ・・・私も初めて聞きました
最後までお読みください




成田に着くまでには 短くいろいろな電車に乗るけれどメインは新幹線
とにかく速い
家から福島空港まで車で行くより ずっと早く着く
一日のうち1本だけ大宮までノンストップで走っている便がある
なんと1時間21分で東京駅まで行ける
運行時刻の正確さは誰ももう当たり前のことのように思われているし
乗り心地もかなりいい
まだその新幹線に乗る前に 東京にも 成田にも着かないうちに 
トラブルは起きた

福島駅で
改札は自動改札だから 切符を入れて中に入る
通せんぼはなくエスカレーターに乗った
プラットフォームに出てから切符がないことに気が付いた
「お父さん ちょっと待って 切符がない!」
まだ出発したばかりだったから ハンドバックの中はきれいだし
スーツケースの中には入れるはずもない
コート スラックス ポケットというポケットに手を突っ込んで探した
でも ない 
落としたのだ
夫に下まで行ってもらったけどない
駅員さんに聞いても届いてないという 
今度は私が下まで行った
私 「切符を落としたんですが 届いてないですか?」
駅員  「ないですねえ」
私 「でも今そこでカードで買って 通ったんですよ 間違いなく」
駅員 「きっとどこかに入っていますよ 落ち着いて探してください」
私 「ないんです
   あ 私(改札の機械から)取らなかったのかしら」
駅員 「それはないです そういうことがあったら 私たちが追いかけますから
     ・・・・
     お急ぎでしょうから もう一度買ってください
     無くしたものが出てきたら 払い戻ししますから」
もう一度買うということに納得がいかない
駅員 「買わないで 東京に行ってから清算するということもできますから」
結局飛行機に乗り遅れては困るので もう一度改札を出て切符を買って新幹線に乗った

駅員さんは 私がどこかに入れ忘れてしまったという考えから 抜け出すことができなかった


旅行中 夫から冷たい目で見られて
夫 「お母さんはネ 切符を落としたんだよ」
娘 「へえー
   でも改札は通ったんだから 拾っても拾った人何の得もないよね」
私 「そうだよね 納得いかないんだよね
   でも 大難小難っていうじゃない
   もっと悪いことの代わりだと思ったら なんでもないさ」
とはいうものの・・・

夫はいろいろな改札口のところで 
夫 「さあ 先に行きなさい 
   後からちゃんと見てあげるから」
と言われて 私の自尊心はズタズタ
んーもう❕❕

1週間後 帰り道
私 「どうしても納得いかないから もう一度駅によってみるよ」
夫 「うん そうするといい」

私 「1週間ほど前に切符を落としたんですけど
   届いてませんか?
   福島から上野までなんですけど」
駅員 「上野まで・・・ですか
     ありませんねえ・・・
     ・・・  ・・・」
私  「そうですか」
・・・・・・・
駅員 「事故札のほうに聞いてみますか・・・」
私  「ジコサツ?」
それには答えず
駅員 「東口に行くようになりますが・・・」
私 「ジコサツって・・そういうのがあるんですか?
   機械に残っていたっていうことですか・・・?」
・・・・・・・
駅員さんは私の質問には答えず 電話した
駅員 「あるそうです 東口に行って聞いてください」
礼を言って東口にわたる

結局 『ジコサツ』の本当の意味は聞かなかったが 
いわゆる事故札 つまり改札の機械に残っていたものなのだろう
東口の大きな帳簿に記載されていた
返金してもらうために 200円取られた
くたびれていたので いろんなことを言いたいのをぐっとこらえて サインして帰ってきた

後からカードを通して返金された

  

終わりに
前の三つは私の力の及ばないところで起こったものだが
後の三つは やはり私の不注意が引き起こしたことなのだと思う
旅行というのは変に神経を使うものだが 
気づかないところで気が抜けるものなのかもしれない
トラブルと言っても今まで 命にかかわったりけがをしたなどというのはないので
それでよしとしなければならないのだろう
これを教訓にまた楽しい旅をしたいと思う


さあて 次はどこに行こうかなあ


スポンサーサイト
2014.12
10
CM:4

15:52
Category : 旅行
3月に ヨーロッパの有名な観光地に行った
対岸で昼食を取ってから渡ったので確か午後1時を少し過ぎていた
横殴りの雨が降り 強い風が吹いていた
観光の前にホテルに着いたので 「カメラはダメだね」とリュックにしまった

ホテルの部屋がまだ用意できていないということなので
手荷物はそこにあるバーのところにおいてもらうことになった
添乗員さんが
「このホテルのバーテンダーさんが しっかり見張ってくださるそうですから
手荷物はここにおいて上まで一緒に行きましょう
帰りはそれぞれ戻ってください
そのころにはお部屋の準備ができていますので・・・」

まだ客は誰もいないバーの片隅のソファにみんなで荷物を置き
その教会の上まで上がった 
風は冷たかったが 有難いことに雨は止んでいた

次の日 そこを出て しばらくしてから カメラがないことに気付いた
その日のホテルについてから 添乗員さんに
「あのう・・・ カメラを無くしたようなんですが・・・」
恐る恐る 言った
それから問い合わせをしてくれたりしたが
当然のことながら カメラは出てこなかった
「多分 あそこに荷物を置いたときに盗まれたんだと思うんです」
「そうですね 我々もそう思っています」
「安全だとお勧めしたところでこういうことが起きてしまって 申し訳ありませんでした」
「いえ 私たちが不注意だったんですから・・・」

盗むのは悪いことだけど
あれほど海外は危ないよと言われているのだから
不用心だったのは私たちだから 誰も責める気はなかった
色々お手数をおかけした添乗員さんには悪いことをしたと思っている

旅行社経由で保険に入っていたので 全額ではないがお金は戻った


2014.11
20
CM:6

00:14
Category : 旅行
ハワイのハプナはよかったわ~ なんて思っていたら ぞっとすることが起こった

昔はトラベラーズチェックなるものがあって 海外旅行の時はそういうものを使ったという
けれど今はそれを使う人はあまりなく 
少しだけ現地のお金に取り換え 大きな買い物はカードでというのが主流であるらしい

…私はというと 
一応カードは持っていく 
今まで最初から最後まで添乗員さんがついているツアーだけだったので
なんとなく安心と思われるところでだけ使った
例えば連れて行ってもらったお店とか ガイドさんがあっせんしてくれた時とか
そんなところだけでしか使わなかった

今回のハワイは一応ツアーなので
ホテルまでは連れて行ってもらったが チェックインは自分でやった
一応何かあった時のためなのだろう カードの提示を求められた
ま 大きなホテルのようだし 日本人のいる案内所のようなところもあるというので
見せた

けれどホテル内の店ではカードは使わなかった
というより 風邪を引いてほとんど部屋にいたので お昼のサンドイッチを買っただけだった



それから1か月後
何気なくカードの請求金額を見て あれえ?と思った 
国内も含めて 今月はそんなに使った覚えがない
金額の詳細を見ると ハプナホテルからのもので10万円を少し越している
なぜ?
使った覚えはない
部屋で壊れたものがあったのだろうか
メイドさんにお部屋に入られるのが嫌だったので お掃除はお願いしなかった
チップが手に入らなかった だから逆恨みをされたのか
・・ツアーのお客さんで 部屋のバスローブを持ち帰った人がいて その添乗員さんはカードから差し引かれた・・
ということを聞いたのは ついこの間だった
私はそんなものは何も持ち出してはいない

ハワイは遠い 
電話で聞こうと思っても言葉には自信がない

旅行社に聞くと 一応カード会社に聞くように言われ カード会社に電話する
カード会社は詳細はわからないというので
再度 旅行社に電話する

きっと 「何かに使って忘れてるんだよ 多分」と思ったと思うのだが
ハワイまで問い合わせをしてくれることになった
「来週中にはお電話差し上げるようにしたいと思いますが・・・」
・・・ ということはやはり難しい件なのだろう
何に使ったかわからないけど うやむやになってしまうのだろうか
10万円は大きい
でも 取り返しに行くわけにもいかないしなあ と半ばあきらめた

来週中と言っていたけれど 次の日電話が来た
前の日は暗ーい声だったのに 明るく
「ホテルのパソコンの不備で 誤って請求してしまっだそうです
 すでに返金の手続きをとっていますので しばらくお待ちください
 お詫びにコーヒーをお送りしたいので 住所を教えていいですか}
と言った

というわけで コーヒーが送られてきた

DSC04281 (480x360)

そして お金も戻った
めでたしめでたしなのだが まだ少し悪ーいドキドキ感が残っている





2014.10
30
CM:2

14:59
Category : 旅行
うろうろしながらJRの乗り場を探しました
初めてなのだからしょうがないといえばしょうがないのですが
その15番線が見つからないんです
東京駅などは通路の真ん中の天井に近いところに書いてあるのに
それが見えないのです
やっと見つかったと思ってホームに降りても さてどちらに乗ればいいのでしょうか・・・? 
その都度駅員さんに聞いて JR大阪駅に着くことができました

そこからは会社の道案内が各所にいてくれたので難なく会場へ到着


全体会講演は
齋藤  孝 明治大学文学部教授による 
ー認められる「会話」の授業ー
テレビ番組のコメンテーターや司会でおなじみの方
今まで見ていた印象からは考えられないほど活力にあふれたお話でした
会場が広くて当日の写真は撮れなかっので
先生の著書をご紹介しま~す

DSC04284 (480x640)

よかったらお読みください


その後 ほぼ女性のみ700人の大懇親会が行われました
どんなものだったのかって? ん~ 凄かったです

翌日は分科会に出席し お昼で終わり
福島の人たちと
「お好み焼きが食べたいね」と駅まで移動し 食べ
飛行機で帰る人 お孫さんに会いに行く人 新幹線で帰る私と
それぞれの道に分かれました

私はあべのハルカスもUFJもグリコの走る姿も見ずに
また
「あのう 新大阪に行きたいんですけど・・・」
とあちこちで聞きまくり
無事のぞみ号に乗ることができました

2014.10
29
CM:2

23:30
Category : 旅行
仕事の全国研修会ということで大阪に行くことになった
会場はリーガロイヤルホテル大阪
案内図を見ると駅からシャトルバスが走っているらしい
分からなければ聞けばいいや
不安がなかったわけではないが 何とかなるだろうと出かけた

近くの空港から飛行機という手はあるが
仙台空港も福島空港もそこに行くまでに大体1時間から2時間かかる
となると少し時間はかかるが新幹線のほうが便利である

福島発8時14分やまびこ122号が最速の列車である
大宮にだけ停車し1時間20分ほどで終点東京となる

乗り換えて大阪を目指す
雲一つないといってもいいくらいの天気で 富士山がよく見えた

DSC04267 (640x480)

そう 富士山というとなんとなく写真を撮りたくなるのである

新幹線は速い
あっという間ではなかったが京都を過ぎた
京都までは何度か行ったことがあるのだがその先は初めてだった
大阪ってこんなに京都から近かったの?って思うくらいすぐ
「しんおおさか~」
そう 新大阪

案内図を片手に探したがどうもわからない
駅員さんを探した が いない
ま 警備の人でも大阪の人なら分かるだろうと 
「ここに行きたいんですけど ・・・」
「ああ これは大阪なんですよ
 JRの大阪!
 ここは新大阪ですから
 15番線にからJRに乗ってください」

えっ?
新大阪って大阪じゃないの?

そうなんです
東海道新幹線が開業して50年
私は初めて知ったんです
新大阪はJR大阪とは違う駅だったってことを

東京も名古屋も京都も
そして福島も新幹線はJRの駅と同じところにあるのだから
当然大阪と新大阪も同じと思っていた私がうかつでした

誰も教えてくれなかったなあ








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。