RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09
16
Category : スイス旅行
この飛行機に乗って帰ります

434.jpg



さて時間は1週間前に戻るのですが
飛行機のことは最後に書こうと思っていたので

スイスにやってきたのも スイスインターナショナル機でした
前にも書いたようにちょうど翼の上でした
ロシアの上を通り 時折地上も見えたのですが 写真はあきらめました
どのくらい残念だったかというと
この写真をごらんください

009_20100914101807.jpg

席は窓際でしたが 窓際も何もこれでは ネ

014_20100915204128.jpg

少し乱れています
12時間乗ったあとの席ですから



となると 後の楽しみはなんといっても機内食です
体は疲れてないから食欲はあるし 
どんなのが出るのか興味津々だし
後はすることはないわけですから 
機体が水平飛行になるのを待ちました
30分くらいかかります
行くときは偏西風に逆らう形になるので
時速はだいたい900km 
高度は9000m前後でした

シートベルトのサインが消える頃 メニューが配られました
「本日のフライトには東京四谷のオテル・ドゥ・ミクニのシェフ、三國清三が心を込めて料理したお食事を用意いたしております」
・・・へえ~

023_20100915160709.jpg


食前酒
 カシューナッツかオリーブの塩漬けを共に

005_20100914101009.jpg


前菜
 サーモンと胡瓜のテリーヌ、トマトムースと共に
 季節のサラダ、バルサミコ・ドレッシングと共に

007_20100914101008.jpg


主菜
 ローストビーフ、マスタード添え
 スパッツレ、アスパラガス、ビーンズと共に

010_20100914101007.jpg


チーズ/デザート
 各種チーズ
 フルーツサラダ
 コーヒー

012_20100914101007.jpg


夫が頼んだ日本食は 二度に分けて運ばれました
 海老とししとうの串揚げ
 海老の笹鮨
 鰈の雲丹焼き
 スイートポテト はじかみ
 胡瓜と穴子のおろし合え
 豚肉の生姜焼、ししとう
 うどん、御飯、漬物、味噌汁

006_20100914101205.jpg
011.jpg


8時間位経ったときおにぎりとハンバーガーが配られ
着陸2時間前に 軽食が出ました

013_20100916124800.jpg


このほか
チョコレート アイスクリーム ジュースなど時々持ってきてくれました
途中にいただいたおにぎりとハンバーガーは
どうやら12時間を越えるフライトの時に出るらしいのです
帰りはありませんでした


下の写真は 帰りの飛行機の朝食です

441.jpg

これをいただいて 飛行機は成田に到着しました
帰りは 行くときとは反対方向なので 時速は1000kmを超えました
そして2時間弱早く到着しました


添乗員のT子さんにおんぶに抱っこで楽しい旅をしてきました
T子さんは さぞお疲れになったことと思います
ありがとうございました



阪急交通社 8日間のスイスツアーに参加した記録でした
後からまた少し 書くかも知れませんが
一応これでおしまいです

お読みくださってありがとうございました



スポンサーサイト
2010.09
14
Category : スイス旅行
最終日です

ホテルを出発するとき まだ雨は降っていませんでしたが
すぐに降り始めました
バスはチューリッヒ空港へ向けて走ります
約135km 4時間です

1週間よくぞ晴れました
1日だけぱらぱらと雨が落ちたのですが あとは晴天でした

バスの中から前方を撮りました

422.jpg


ドライバーは2日前と同じPさん 
T子さんと話していて 突然ルツェルンに立ち寄ることになりました
雨で観光客もあまりいないだろうから 渋滞することもない
空港までは十分間に合うということで
急遽 決定しました
ただし 車窓から観光です


ルツェルンの街を走りながら
まずカペル橋です
スイス三大風景のひとつとされ 屋根付の木造の橋です
両脇に花が植えられています

427.jpg


そして瀕死のライオンの記念碑
18世紀のフランス革命の時 ルイ16世を守り戦死した勇敢なスイス傭兵を偲んで造られたものです
記念碑の前に池があり 少し遠くから眺めることが出来ます
写真を見て気づいたのですが 背中に槍か何かが刺さっているのですね

429.jpg

430.jpg


急いでバスに戻り空港を目指します
バスの中からエイッと撮った一枚です
何も有名ではなかったようなのですが 雨に濡れてきれいでした

428.jpg


街中のロータリーのところに植えられていた花々です
交差点のところは こんな風にロータリーになっています

423.jpg



2010.09
13
Category : スイス旅行
インターラーケンからベルンまでは急行列車で1時間ほどかかります
だいたい50kmくらいあります

インターラーケンベストの駅です
日本と違って改札もなければ入り口もない駅です
道路を歩いていった続きが列車のホームになっているのです

387.jpg


ベルンに着いたのはもう6時頃でした
スイスは夏時間なので まだお日様が出ています
ベルンはもちろんスイスの首都なのですが
あまり大きい都市ではありません

中央駅から市街に出て西に歩きます
道路の真ん中に幾つもの噴水があり その両脇を路面電車とバスが行きかいます
普通の乗用車はあまり見ませんでした
きっと規制されているのでしょうね

噴水の上にいろいろな像が立っていました

389.jpg


393.jpg

中にはこんなパフォーマーがいたりします
本物の人だとは分からず撮ったのですが 失礼しました

396.jpg

時計塔です
仕掛け時計で 毎時57分頃から人形が動き出すそうですが
6時を回っていたので それは見ませんでした

395.jpg

また噴水を見ながら歩きます
道路は石畳で 両脇にアーケードのように屋根のついたところがあり
そこを歩けば雨の日でも大丈夫です

398.jpg

400.jpg


このアーレ川が湾曲した部分の内側が ベルンの中心です
この両脇の美しい街並みは 想像を超える美しさです
この辺りも世界遺産に登録されています

148.jpg

402.jpg

401.jpg


バラ公園はベルンの西の部分の少し高い丘の上にある感じです
バスで行けば難なく行けるのですが
歩いたので 最後は急な坂を上ることになりました

私にとっては留めの坂というところでしょうか
そして目の前にベルンの市街が広がっているところまでたどり尽きました

405.jpg


バラ公園です
もう7時を回っていました
公園内は涼を求めて大勢の市民であふれていました

ちょうど夕日が沈むころで 公園内は写真を撮るには明かりが少なかったかも知れません
バラは終わりのころのようでしたが
いくつかきれいに咲いているのもありました

152.jpg

408.jpg

154.jpg

407.jpg

153.jpg

409.jpg

157.jpg

406.jpg


バラ公園を後にして
ベルン駅近くのレストランで食事をした後
ホテルに戻りました
これはベルン駅の夜です

414.jpg


これでスイス観光の全日程が終わりました
明日はチューリッヒに向かい 日本行きの飛行機に乗ります


2010.09
13
Category : スイス旅行
おまけをちょっと・・・

ハイキングしているとき ヘリコプターが飛んでいました
アイガーの山の上です
普通 観光の場合はあの上を飛ぶことはないので
何かあったのかも知れないと ガイドさんが言ってました
小さくて わからないかも知れませんが
山の左上のところに 赤いヘリコプターが飛んでいます

377.jpg


クライネ・シャイデックの駅で美味しい水を飲んで
電車に乗り込みました

アイガーの中を進んだ電車が途 中止まって
壁に作られた窓から表を見たのですが 
その窓がこちらから見えるということで
同じツアーの人に教えてもらいました

この窓は この鉄道のトンネルを掘っているとき
掘り出された岩などをここから表に捨て
出来上がってから それを整備して現在に至っているそうです

窓は七つあります

379.jpg

382.jpg

お分かりになりましたか
上の写真は 一番下の電線のすぐ上
右よりのところです
下の写真の真ん中辺りの 茶色の模様のある岩のところにあります
四角い窓が並んでいます


そうこうしているうちに 電車はふもとに降りてきて
家並がはっきりと見えてきました

385.jpg


インターラーケンについて お土産やさんまで行き
この日は解散です

オプションでベルン観光に行く人もいましたが
われわれは 自力で ベルンに行くことにしました


2010.09
12

TB:0
23:42
Category : スイス旅行
アイガークレッチャー駅まで戻り ここからハイキングです
歩行時間 約1時間30分 標高差 259m 歩行距離 約2、4km
ひたすら下りです
じゃりじゃりの道を 下って下って下るのです

まずはその前に腹ごしらえ
朝ホテルでもらったおにぎり弁当を食べます
朝から何も食べていないので 美味しくいただきました
こんなところで食べました

353.jpg

このときはまだ元気でしたから
近くの花を撮ったりして喜んでいました


362.jpg

361.jpg


ついさっき間近で見たユングフラウです
真上からお日様を受け 光っています

136_20100912162838.jpg


ハイキングの道はこんな感じです
かなり急なところもあります
その上真っ青な青空ですから 暑いです
人の影を見てください
濃いでしょう

368.jpg


あの湖をそばを通って 向こうに見える駅まで行きます
手前を電車が通っています
小さく見えるでしょ
遠いんです
それに ここはとっても高いところなんです

367.jpg


少し低くなりました
電車が少し大きく見えます

371.jpg


湖に到着です
これは人造湖です 毒は入っていませんが 
飲まないほうがいいでしょうと ガイドさんが言ってました

375.jpg


湖を過ぎると 駅が近くなってきました
牛が集まって寝そべっていました

147_20100912163352.jpg


写真を撮る気力もここまでで
後はひたすら足元ばかりを見て 歩きました

この旅行で一番大変なハイキングでした


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。