RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04
29
CM:2

09:00
Category : フランス旅行
最後の夜は食事がついていませんでした
オプションがあったのですが 8名で催行ということでした
全員で8名でしたから オプションは成り立たないと見たらしく
添乗員さんが希望者だけ居酒屋のようなところに連れて行ってくれるということになり
結局6名が参加し 食事を取りました




もう1日あってもよかったネ という思いはみな同じでしたが
帰る日が 来てしまいました

朝 空港に向かう高速道路で事故があり 
飛行機に間に合わないのではないかと心配しましたが
1時間前に着き 無事搭乗することができました

結局飛行機は乗客が揃うのを1時間くらい待って 離陸しました


来るときは夜中だったので軽めのものでしたが
帰りはこんなものが出ました

前菜
287_20130428230409.jpg

メインはロブスターとムール貝でした
290_20130428230402.jpg

夫が頼んだ日本食は
これが前菜のようなもので
ご飯が出てくるときにもう一皿出てきました

288_20130428230406.jpg



フランスに5泊 の 阪急交通社クリスタルハートのツアーでした
飛行機は日本航空でした



みなさんがフランスにお出かけになる時は 5月の青葉の季節がよろしいかと思います
ご参考までに


スポンサーサイト
2013.04
28
CM:0

22:51
Category : フランス旅行
ここから半日自由行動となります
こんな時何が恐ろしいかって 言葉です
フランス人は英語は少し分かるらしいのですが
話したがらないとかで フランス語で返してくるらしい・・・のです
ま 英語だって分かりませんけどね

ホテルがオペラ座のすぐ近くだったので せっかくだからそこに行くことにしました
中も見学できるようです

277_20130428222420.jpg

今工事が入っているので 脇のところから中に入ります
入場の切符を買うところに 日本語で
「申し訳ありませんが 
 中は照明はしてありませんので ご了承ください」
と書いた紙が貼られていました
そうだよなあ 
何もしていないときに舞台に明かりは付いていないものなあ
真っ暗かあ 
と思いながら まあ記念だからと中に入りました

でもロビーでこんな素晴らしい天井画を見ることができました

266_20130428222424.jpg

267_20130428222429.jpg

上まで上がっていくと 一か所だけ舞台を見られるところが開いていました
確かに中は真っ暗です
けれど ちょうど舞台装置の打ち合わせをしているところだったらしく
照明があたりました
ラッキーでした

273_20130428222433.jpg

客席の深紅のビロード張りの椅子はすぐ間近に見ることができました
豪華な舞台と客席でした

272.jpg

275_20130428222704.jpg



その後は国立図書館へ行くことにしました
歩いて30分くらいだったと思います

フランスの道路は 日本の道路のように直角に交わっているのではなく
一か所の交差点から 5本も6本も道が分かれているのです
だから 頭の中で「ここを曲がればあそこに出る」と思うのが道に迷う原因になると聞きましたので
主要な道路だけを頭に置いて 探しました

279.jpg
280_20130428222712.jpg

図書館の中は円形の書棚に囲まれた
落ち着いた広々としたところでした

「少し見せていただけますか」
「☆□△○◆◎~=☆□△○◆~~~?」
「写真を撮らせていただけますか」
「☆□△○◆◎~=☆□△○◆~~~?」
要するに 何を言ったか分からなかったのですが
多分ダメだということらしい ということは 何となくわかりました

仕方がないので 中で手持ちのお水を飲み
表玄関のところだけ写真に撮って
ホテルに戻りました


2か所だけでしたが 
自分たちで行けたのだから すごかったと思いました



2013.04
27
CM:0

21:41
Category : フランス旅行
さて ルーブル美術館に戻ってきました
地下の駐車場に入り そこから入場します
先ほどのガラスのピラミッドは通りませんが 
中に入ってみると 明るくて とても気持ちのいい空間となっていました
建築された時は ルーブルに合わないと大反対されたそうです

地下にこの美術館がお城として建築された時の遺構が残されています
これは後から発見されたものらしいのですが
圧倒されるものでした



229_20130426141629.jpg


数多くの彫刻
中でもミロのヴィーナスが ちょっとロープを張った程度のところに置かれていてびっくりしました

232_20130426141634.jpg


次に宗教画
うーん ちゃんと中身がわかるといいんですけどね
よく分かりません

247_20130426141648.jpg

248.jpg

249_20130426141825.jpg


そしてモナリザの微笑み
日本では考えられないほど何気なく壁にかかっています

ここでは押すな押すなの人だかりで 一番前まで行けず
手を上にあげて 一応写真だけ撮りました

案内の方がここの館長さんに聞いたんですって
「このモナリザは本物ですか」
館長さん曰く
「観る人が本物と思えば本物です」って
どうなんでしょう


250_20130426141828.jpg

ガラスの調度品や 王冠などがありました

242_20130426141640.jpg

この王冠についているものは本物の宝石なのです
ガラス玉みたいに見えますけどね
すぐ脇のドアのところに 何人かのガードマンがこちらを見張っていました

245.jpg



ルーブル美術館は
とっても人が多くて
とっても広いところなので
迷子にならないように追いかけていただけのような気がします
好きな方は 1日ではとても観切れないほどたくさんの展示品がありました





またバスに乗り車窓から市内観光
シャンゼリゼ通りも 凱旋門も エッフェル塔も 
足元が少し解けかけた雪を気にしながら見て回りました

260.jpg

261_20130426141835.jpg



ホテルのすぐ近くのデパートで一応解散
午後は 自由行動となります


2013.04
26
CM:2

14:07
Category : フランス旅行
フランス北部に雪が降ったため
モンサンミッシェルに行くことができなくなった観光客が
パリ市内の観光にあふれました 

私たちは予定通り市内観光に出かけました
雪は止んでいましたが 道路には雪が5センチくらい積もっています
道路は混んでいます 
ルーブル美術館の中を通ったのですが
ガラス(?)のピラミッドがあり これが一般客の入り口です
朝も早いのに 長蛇の列ができていました


192_20130426134429.jpg

196_20130426134432.jpg


一応予約は9時半だとかで
先にノートルダム寺院を見学することになりました

キリストの言葉を彫刻やステンドグラス レリーフなどで伝えているそうで
一つ一つに物語があります
中身はよく分かりませんが ステンドグラスはとても綺麗でした

206_20130426134437.jpg

210_20130426134441.jpg

221_20130426134733.jpg

218_20130426134445.jpg

219_20130426134716.jpg

220_20130426134720.jpg

216.jpg

217_20130426134728.jpg


227_20130426140423.jpg





2013.04
24
CM:2

15:19
Category : フランス旅行
予定ではこのあと 
広大なお庭やまだまだ奥にあるいろいろな建物を見学するはずだったのですが
あいにくの雪
ガイドさんと添乗員さんが
急遽別の見学場所を探してくれました

バスの中から 
「寒い中アメリカの方角を見続けている自由の女神」や 
ロダンの「雪を背負った考える人」を眺め

171_20130424141704.jpg
172_20130424141707.jpg

黄金のドームを持つ アンヴァリッド
ここの地下室(といっても 地下と1階が吹き抜けになっています)に
静かにナポレオン1世が眠っています

173_20130424141711.jpg

175_20130424141715.jpg

176.jpg


フランスといえばフランス料理
いろいろなお料理が日本にも入っていますが
エスカルゴもその代表的なものでしょう

蒸したのか 茹でたのかは分かりませんが
エスカルゴそものには味はなく
バジルとオリーブオイルのソースがかかっています
つまようじでくるりと回しながら・・日本のサザエのようなもの・・いただきます

もっと ごろりとしたものが出てくるのかと思ったら
直径2cmほどで アサリくらいの大きさでした

127_20130424143702.jpg



今日のホテルはインターコンチネンタル パリ ル グラン
お部屋はさほど広くはないけれど
落ち着いた雰囲気です

283.jpg

182_20130424143717.jpg


このホテルの1階に 老舗カフェ・ド・ラ・ぺ があり
そこで夕食をとりました
ツアーのみなさんとは最後の食事となります
そしてここでも 革靴を履いて 出かけました

たくさんのお客様がいて 雰囲気もばっちり
お料理も 手が込んでいて 素敵な時間でした

食前酒
ホタテの前菜
イカのグリル
ミルフィーユ

184_20130424143705.jpg

186_20130424143709.jpg

188_20130424144121.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。