RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07
30
Category : 思ひ出
母の実家は染物屋でした 
その昔は大きくやっていて 職人も何人か寝泊まりしながら働いていたといいます
私が小さい頃はもう手ぬぐいの染色くらいで 年取った伯父が一人で仕事をしていました

母屋の西に 反物を長く伸ばして張るための細長い土間があって 端のほうには糊を落とすための清水がひいてありました
クーラーも冷蔵庫もない時代ですからその清水は冷たくて 土間自体もひんやりとしていたものですから 母の実家に行くことは子ども心に秘境に足を踏み入れる感がありました

行くのはだいたいお盆のころです 
その家にはTちゃんという従兄がいて 私と弟はよく遊んでもらいました
土間は仕事場ですから一人で行くことはできませんでしたが 一緒なら平気です
そこに手桶に入ったたくさんの花がありました お盆ですから仏様に飾ったり お墓参りに持っていったりするものだったと思うのですが その中に桔梗が何本か入っていました 
Tちゃんはいかにも得意気に 
「だりあちゃん・・・(とは言わなかったけど)・・・こうすると音が出るよ」
と桔梗のつぼみをつまんだのです 
ポンと軽い音がして 蕾は破れました

3人はポンポンポンといくつかつまんで大喜び・・・
当然ながら 優しかったTちゃんのお母さんに 
「花が咲かなくなっちゃうでしょ」とお叱りを受けたことは言うまでもありません

今は洋風の名前の花が花屋さんに並んでいますが 昔はこの時期あまり花の種類がなく 桔梗はありふれた花でよく使われていました

親不孝ならぬ花不孝のダリアでした    ・・・桔梗さん ごめんなさい



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。