RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09
29
Category : カナダ旅行
私たちが降り立った氷河は ジャスパー国立公園の中にあるアサバスカ氷河です
実は 氷河に立つなどということは 自然を破壊することであり してはいけないことなのでではないかという思いがあったのです
確かにここに人間が入らなければここは自然のまま守られていくのではないかという・・・

二つ そのことについて自分なりに納得する答えを見つけてきました
ひとつは
この奥に北極圏を除く北半球で最大のコロンビア大氷原があります
そこは 険しい山を登って見るか ヘリコプターをチャーターして見るか どちらにしても 凡人ではいけ
ないところにあります
何時かその姿を見てみたいものだと思うのですが その6にも書きましたが ここに流れ出している氷河は 幅1キロメートルもあるこの氷河の量は コロンビア大氷原の約2%だと聞きました
それで 少し安心したことと ここに立つことで 少しでも地球の温暖化のことについて考えることができれば それは自然が我々に与えてくれたチャンスなのだと思ったのです

二つ目は
ここで働く人たちの努力ですDSC00649.jpg
  (氷河から帰る時 雪上車の中から撮りました こちら側が氷河です)
この写真の真ん中付近に水たまりがあるのですが これは人工的に作ったもので そこを通ることで雪上車のタイヤを洗って 少しでも余計な土などを持ち込まないようにしていること
ここで渡されたパンフレットがあったのですが それは帰りにバスに乗り込むときに渡されました
それは捨てるなといっても どうしても捨てる人がいるので 帰りに渡すのですと言っていました
そんな現地の人の努力があることを知ったのです

本当は行かないほうが自然のためにいいのだろうけれど 少しだけお許しいただきたいという思いで帰ってきました

さて帰りはもと来た道をバンフまで戻ります
高速道路で3時間くらいでしょうか
途中 山や湖が次々現れ その美しさは 空気が綺麗なことと 少し寒いことでより綺麗に見えました

DSC00664.jpg

DSC00600.jpg

DSC00588.jpg

写真の中に 小さな木があります
DSC00681_20090929113936.jpg

これは植林したものではなく まだ1メートルくらいの木でも樹齢は100年を越すもので 1年のうちたった2ヶ月きり育たないのだそうです
また樹木限界の標高というのがあり それより上には木は生えません

この2,3日前に雪が降り この日もあちこちで雪に遭いましたよ

エメラルドブルーの湖もたくさんありました
ボウ湖です
DSC00693.jpg
DSC00692_20090929113935.jpg
DSC00691.jpg

ベイトレイクです
DSC00739.jpg
DSC00740.jpg
高いところに案内されたところを見ると ここは湖の近くには行けなかったのでしょう
ここでは雪が降っていました


バンフに戻ってきました
DSC00734.jpg
街から見た山です

DSC00735.jpg
このお店のお料理が日本人向きで繊細なおいしさがありました
写真の左手のほうに手の形の信号と11の数字があります
これがカウントダウンして0になると歩行者は赤になります

こんなところにもカナダのカエデマークがありましたよ
DSC00524.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。