RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06
19
Category : 日常
本業は 一応客商売なので人が来なければ成り立たない
故に たまにはパンフレットを近所に配ったりする
それを私は 散ポという

庭で花の手入れをしている元お兄さんに
「こんにちはー」と手渡すと
「はい オー 私を雇ってくださるのですか
 いやぁ 年金だけでは 食っていけませんよ
 何かしないとねえ」

「はあ うちもですね 
 何かしないとと思いましてね」

「ここでも改造して うちでも始めますか」
 見ると立派な物置がある
「いいですね」

そんなやり取りで 薔薇の花がきれいな花壇の前でこの会話は始まった 
「お宅は・・・? ああ Hさんの家の近くですか」
「その方は1本北の道路ですが・・・」
「お元気でしょうかね」
「お付き合いはないので分からないですね」
「兄がね 同級なんですよ 白河中学で」
「あ 私も白河です」

「白河中学から高校に変わるときでね
 6年も通ったんですよ 
 6年っていうと 絆も深くなるんです
 あ この前 同級会がありましてね
 半分は亡くなっています
 後の半分の まあ元気で出てきたのは3分の1ですかねえ
 3分の1は病気で 残りは貧困ですよ
 出てこられないくらい貧困です
 年金だけでは出てこられないんだなあ

 その同級会も 今回で最後ってことにしたんです
 大きい会は もう出来ないですよ
 小さい会を あちこちでね 開こうってことにしたんです
 早速 東京からきましたよ
 会費が23,000円だそうでネ
 お台場観光があるそうなんで
 お台場なんて見なくてもいいんだけどなあ・・
 私も若い頃東京にいたから・・
 その頃はお台場なんてなかったし」

「今はそういうところに修学旅行で行くんですよね
 ディズニーランドとか
 それよりもっと歴史的なところとか
 そんなところのほうがいいんじゃないかと思っているんです
 沖縄なんかも行きますね」

「私は飛行機が好きでしてネ
 でももう 外国には行きません 歳ですから
 
 沖縄も行きました

 同級の〇君は 特攻に行って 亡くなりましたよ
 それも敵に突っ込めなくて 海に突っ込んだんですよ
 24歳でした
 この前行ったとき 
 あの 名前がずらっと書いてある壁のようなものがあるじゃないですか
 そこに彼の名前を見つけて 泣いてきました
 突っ込んだっていう海の近くに行っても 泣きました
 
 グァムに行ってもサイパンに行っても
 まず最初に戦死者の慰霊碑とか記念の場所に行って
 そこで亡くなった人々に頭を下げ 祈りますよ
 泣きますよ


 白河・・・女学校ですかあ・・・懐かしいなあ」

「はあ まあ 女子高になってましたけど」
「そうですか 
 憧れの女性の通っていた女学校ですよ
 憧れの女学校でしたね 
 私は寺〇路に住んでましてね
 女学校は東の端で 
 中学校は 西の端
 毎日学校にいく途中に会うんですよ」

「寺〇路は東寄りでしたね」
「それが楽しみでね
 好きだったんです
 こんなに好きなのに
 勝手に他所の男のところへ嫁に行きやがって
 今でも忘れられません
 ・・・
 60年も前の話です」

 

薔薇がフェンスいっぱいに咲き誇っている
赤あり ピンクあり 
一輪で咲いているもの 房になって咲いているもの
色とりどりである

「それにしてもきれいな薔薇ですね」
「薔薇は嫌いなんです 
 とげがあるでしょ だから嫌いなんです
 だけどばあさんが買ってくるもんだから・・・
 手入れは 全部わたしですよ
 消毒も 剪定も 
 剪定が上手だからこんなに綺麗に咲いてるんですよ
 団子になって咲いてる・・・
 こんなにかたまって咲かなくてもいいのに・・・

 もう 盛りは過ぎました」


「じゃあ 来年はもう少し早く来て 拝見します」

「いやあ 
 ひと回りもふた回りも若い人と話してしまいましたな」





この方とは初対面でしたが
最初の言葉があまりにも機智に富んだものだったので
書き起こしてみました




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

いろんなお話を聞くことができましたね。

こんにちは~ 初対面の方との会話を拝見しましたが、
短い時間でも心に残る会話でしたね。

お互いの声が聞こえてきそうな感じがしました。

会話の中で出てきた、寺〇路はきっと自分の職場の出先機関が
あった場所だと思いました。
現在は移転してしまい、無人となってしまいましたが、
同僚や上司で以前そこで勤務した人が女子高が近くに
あったということを言っていたことがありました。

来年も薔薇の咲く頃にお会いできてお話できるといいですね。

彩雲さんへ

今思い返してみると いろいろと話してくださいました
時間にして20分くらいでした

寺〇路というのは 白河女子高の道路を挟んで隣の区画です
確か私が通っているとき 南西のほうに○○所(笑)がありました
そこですね
通学する道でなかったので 実際には見ていないのですが
話の中には 時々出ていました

おいでくださってありがとう


いやあ

ひと回りもふた回りも上の方と

話してしまいました

楽しかった♪

atelier.k さんへ

そりゃあ

ふた回りもみ回りも若い方と

いつも話しているんですから わたしは ♪♪♪

楽しいに決まってますよ 


おいでくださってありがとう


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんわ~ ^^;   

同年代でも 上でも 下でも 人と話す事は良い事だよね^^
それにしても dariaさん 初対面の方と ここまで話がはずむ たいしたものです!
さすが 客商売 (^◇^) 
きっとこれからも  “春夏冬 二升五合”
頑張ってねぇ~ (*^_^*) 

06.20.22.40 さんへ

散ポ うまいでしょ

本業のほうはともかく・・・
元お兄さん 60年経っても忘れられない人がいるってすごいなと思ったのと
それでも 奥さんのために薔薇の手入れをしているって いいなって思ったのです
なにより 一番最初の言葉がね 
普通言えないでしょ

おいでくださってありがとう

めだか姐さんへ

よほど話したかったのでしょうね
私が話したのはもちろんこれだけではありませんが
ほとんどあいづち程度でした

こんなことは めったにありません
ぶろぐネタが切れてきたので 
目を皿のようにして探した結果です

おいでくださってありがとう


こんなお話初対面で出来るって・・・

こんばんわ

バラってきれいですよね♪
でもこのお話はバラより楽しい若いころの思い出にまで行ってきたお話で・・・
懐かしさ等含まれているし~

何よりこの方お話がしたかったんでしょうね(^_-)-☆
楽しそうでいい時間ですねぇ~

サリーさんへ

こんな風にお話しするのはめったにありません
胡散臭い顔で見られたり
「いりません」と冷たくあしらわれたりの連続です

雨が降ったので
もうあの薔薇もおわりになったでしょうね
お話できてよかったと 思います

おいでくださってありがとう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。