RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09
02
Category : Dolls
≪箱根にて≫
箱根の関所は復元されたものなので いかにも作り物のようでしたが 資料館のほうの資料はほかの名所などのそれよりもかなり豊富に展示されており 専門的知識のある人は何時間でもいられるようなところでした

ここにも 名所にはお決まりの等身大のお人形が飾られていました
それがここのお人形たちは シルエット展示とかいって一切の彩色がないのです
お奉行さま 旅人 そして取り調べの様子など すべて灰色の いわば中途半端な姿で観光客の前に置かれていました
それが少しかわいそうでした 
シルエットというのに意味があるのかもしれないけれど どんな粗末なものでもいい 色を付けるだけでもいいから何か着物を着せて目をつけてあげたらいいのになあ

≪京都二条城にて≫
着物といえば 京都・・・

京都の二条城を初めて訪れたのは 高校2年生の修学旅行の時でした
その時まで名所見物などしたことがありませんでしたので あんな風に時代がかったきらびやかな着物を着てお座敷に座っている姿を見るのは初めてでした
今にも動きそうなその姿を見て 感動した覚えがあります

4年ほど前 またそこを訪れることができました
ン十年前見たお人形たちはそのままの姿でそこに座っていました
けれどそれは全く姿を変えていました

何百 何千 いえ何万の人の目にさらされ そのたびに空気が動くからか建物自体もだいぶ痛んでおり その着物は少し触ったら ぐすぐすと崩れ落ちそうなくらい劣化しているのが 遠くから見てもわかります
例えは悪いけれど幽霊屋敷のようでした


箱根のお人形さんと二条城のそれとどちらが幸せなんでしょうね
 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こんにちは

二条城、そんな人形があるんでしたか…
恥ずかしながら、地元なのにまだ行ったことがありません。
京都にいながら、あまりお寺、神社等に興味がありませんでした。
最近、写真に、はまりだしてからは、いろんなところに
行きたいと思っています。
また今度、レポートしてきます。
しあわせかどうか聞いてきますね。

もしよろしければ、いつでも見に来てください。
なんでもない日記ですが…

ひつじの立場から[絵文字:v-527]

来月早々
毛糸のセーターに衣替えを希望しますv-355

二条城の件は、西陣織工業組合に通報してv-406
箱根の面々は、彫刻の森に移動させv-452

v-433どうでしょうv-362

ひろひろさんへ

こんにちは

見てきてくださいって言ったみたいなタイミングになりました
今の今まで二条城の京都とひろひろさんの京都が結びつきませんでした
でも とてもうれしいです

また寄らせてくださいね
来てくださってありがとう

メェメェひつじさんへ

こんにちは

毛糸のセーターはまだ早いでしょうね

ホント すぐ近くに着物屋さんがありましたネ
そして
メェメェひつじさんの森にもわたしたちの居場所はありますか 
って 言ってます

来てくださってありがとう
夏が過ぎて秋になる前に いろいろと忙しかったですか
でも また来てね
待ってます


箱根は知りませんが・・・

こんにちは

箱根は彫刻の森とか行きましたが・・・
関所は行ったことがありません。
雲助さん達が怖くって。。顔色変わるの恐れてシルエット
なぁ~~んてことないですネ。 ははは
誰の発案なのかが問題なんでしょうか??

二条城よく行きました。
宇多野にいたことあるんでェーーーー
そんなに。。確かに何年も前もみすぼらしかった!!
まだ変えてないいて事は。。着っぱなしなんでしょうか??
人形もだいぶ古くなっていたような・・・
幽霊屋敷。。どっちも悲しいお話(職員が考えて↑に交渉すればいいんでしょうが・・・)どこが管理しているかも考えないといけないことでしょうね。
結構このお話大きな問題ですよ。

さりーさんへ

こんにちは

ね 二条城のお人形さん みすぼらしかったでしょ
今はどうなんでしょうね
あれからもう4、5年経っているので 着せかえたかもしれませんが

京都には子どもが住んでいたことがあったので 何度か行っています
でもそういう時ってなかなか観光はできないもので 彼が引っ越してから二条城には行きました

あ また行ってみたいなと思っています

来てくださってありがとう



二条城のお人形 記憶にないです

二条城に行った時から ずいぶん時間が経ってしまってますからね
京都には行きたいと思いながら なかなか行けなくて・・・・
行く機会があったら そのお人形にも会ってみたいと
思います

風見鶏さんへ

こんにちは

多分わたしは二条城でみたお人形さんが 生まれて初めて見たものだったから覚えているのだと思います
わたしも折があったら行ってみて
 「きれいになってました」と報告したいです

来てくださってありがとう

いろいろ考えてしまいますね。

こんばんわ~ 文面を拝見してどちらが幸せなのかな~と思ってしまいました。

箱根の関所や二条城には行ったことがないのですが、関所の方ではシルエットではなく、着物を着せてリアルな感じにして欲しいですね。

また、京都の方はたくさんの方が訪れるので自然と傷んでしまうのでしょうね。
どちらがいいのか考えてしまいますね。(笑)

彩雲さんへ

こんばんは

これは 二条城のお人形さんが幸せだと軍配を上げて書き始まったものです
ところが 今書き終えてみると 箱根のほうが幸せなのかナと迷い始めています
いずれにしても 幸せなんていうものは わたしが決めるべきことではないことですし 誰にも決められないものかもしれませんね

ひとつのことを書いてみると そのことが一人歩きすることがあります
それを喜んだり 反省したりしています

来てくださってありがとう

確かに 行ってるんだけど(;一_一)

私って、物の観察が出来ない人間なのかしら?
両方とも あまり記憶が~ 面目ない^^

↑の 彩雲さんへの お返事が 全てを語っているように思えます。
こっちが幸せで、あっちが不幸 なんて 周りが決める事じゃないものね。

外見じゃない って事かな???

朝から、勉強させていただきました。
今度 諸国巡りの折には、視点を変えて 観察いたします^^; 

めだか姐さんへ

おはようございます

そうですね
その通りです

あまりいろいろ考えないで歩いたほうがいいですね
そのうちお人形さんが後からぞろぞろついてきたりして

①と書いてしまったので②と③は書かないとね
書いた時また読んでください

来てくださってありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。