RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07
15
Category : 思ひ出
小学4年のときだった
その秋 大きな台風が2つやってきた

教室で みんな帰り支度をして親たちの迎えを待っていた
子どもたちだけで帰るのは危ないから ということなのだろう
今思うと あれはどのようにして連絡したのだろう
家までは子どもの足で30分はかかった
電話もないときに どうやって親に迎えに来るようにと連絡できたのだろう
もう それを知る術はないのだが

最初中学生だった姉が迎えにきてくれた
だけど 中学生には預けられないということだったらしい
その後に母は割と早い時刻に迎えにきてくれた

朝から雨が降っていたので 長靴だった
その長靴を教室まで持ってきていて 机の脇に置いていた
母が来たとき
思わずその長靴をそこで履こうとしてしまった
みんなに笑われながら教室を出た



この住宅はその昔川原だったところだから
堤防はあったものの 作りも悪かったのだろう
その堤防が決壊するかもしれないという予報が出た

DSC00697_20100714230510.jpg

DSC00698_20100714230142.jpg

何度かここに載せたが この吾妻山から流れ出るこの川は
今はこんな風に水も少なくなっているが その当時はもっと水量もあり 流れも速かった

その堤防が決壊すれば 川下に出来た新しい橋のところまで水が溜まり
この住宅は水没することになる
多分あっという間に 水浸しになることは 一目瞭然だった

夜 雨の降る中叔父がやってきて 避難することになった
ランドセルに自分のものを詰めなさいと言われ
弟と私は 心細く思いながら 学用品や本などをなどを入れた
お茶箱などを車に積んで この家を後にした
避難する先は 父の長兄のところ

夜 ラジオを聞いていると 
「決壊しました」
と放送していた

しかし それはずっと川下のほうで 私の家は無事だった

    

DSC00696.jpg
    
    川のすぐ傍にあるお地蔵様です
    昔むかしこの川は氾濫を繰り返していました
    そのとき 山の神様を鎮めるために 口紅や白粉を投げ入れたそうです
    すると 氾濫が治まったという
    そんな言い伝えがあるお地蔵様です
    私が小さいころはこのように整備されていませんでしたが
    近くに住んでいたおばあさんが そんなことを話していました

    最近各地で洪水のニュースが流れます
    被害にあわれた方々には 本当にお気の毒に思います
    あの心細さは もう半世紀もたった今も忘れることが出来ません
    どうぞ1日も早く元の生活に戻られますように
    お祈り申し上げます



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

不安な気持ちになったことと思います。

こんばんわ~ お子さんの頃に洪水の恐れが
あるため避難されたのですね。
どのようにして親御さんに連絡を取ったのかですが、
お姉様やお母様が迎えに来られたのですね。

自分は避難の経験は幸いありませんが、きっと、
自分も同じ経験をしていたら、とっても心細く不安な気持ちだったと思います。
ましてご両親はとても不安な時間を過ごされたことと思います。
この時はご自宅は被害が無かったということで良かったです。
地球温暖化といわれている時代、局地的な大雨によって
各地で被害が出たり、避難されている方を見ていると心が痛みます。
このような方が一人でも減るように自分達の仕事も
しっかりしなくてはならないと思いました。

こんばんは^^

雨が降り続いています
この大雨で被害が大きくならないように祈ります

dariaさんも怖い思いをされた経験があるんですね

ひんしゅくを買いそうですが、私の小さい頃は台風や停電と聞くとワクワクしてました
それも実際の被害がなかったからでしょうね

明日で中越沖地震が3年目を迎えます

彩雲さんへ

後30分雨が続いていたら 決壊してました
次の日に堤防を見に行くと 幅はもう30センチ位きりなくなっていました
まだ小さいので 深刻さはなかったのですが
おもちゃや 本など家に置いてきたものが気になった記憶があります

今は 立派なコンクリートの堤防ができていて
水量も大分少なくなっています
洪水の心配はまあないと思いますが・・・

おいでくださってありがとう

あいりすさんへ

中越沖地震のときは 被害はなかったのですか
地震は一番恐いですね

子どもは 好奇心が旺盛だし
苦しいことも楽しいことに変えてしまう才能を持っているんでしょうね
私も心細いながら 親もいっしょにいたのですから
結構楽しかったかもしれません

おいでくださってありがとう

今年は集中豪雨多いですネ・・・

こんばんわ

そうなんですかぁ~!
大変な目にあわれたんですネ!!

こちらもいまだに川の水があふれることあり・・・
良く放送が雨が多い時に一部の所にあります。
ひとつ国道に出れば洪水で近くの方が非難されたって!!
国道より家は随分高いので200メートルも離れていなくっても非難されています。
どうにかならないものなのかって・・・
自然の力の怖さを感じます。
でもお地蔵様きれいにいつもされているんでしょうね!(^^)!

サリーさんへ

子どもでしたから そう大変ではなかったのですが
親たちは結構たいへんそうでした
次の日家に戻ると 畳は全部上げられ
お風呂台を持ってきてその上に積み上げてありました

このお地蔵様はいつもきれいにされていて
写真には写っていませんが反対側に椅子などあり
花が植えられていたりします
近所の方がお世話をしているようです

おいでくださってありがとう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。