RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07
27
Category : 思ひ出
夏には付き物の線香花火のお話です

この住宅には 子どもが大勢いました
仲良く遊んだものです

夏 S山さんのところに遊びに行ったときのことです
夜になり家の中で線香花火をすることになりました
お母さんもいたんですよ
子どもだけの火遊びではなかったのです

線香花火って皆さんもご存知でしょう

ぼおっ と 先っぽの紙が少し広がっているところに火をつけます
じぃぃっ と 火薬のところまで燃えていきます
そこで少し間があって
ちっちっ と 明るいオレンジ色の小さな小さな火の玉が出来ます
ぱちっ・・・ぱちっ・・ と 星を束ねたような火花が1本2本と散ってきます
ぱちぱちぱち・・ぱちぱち・・ぱちぱちぱちぱち と 勢いよく火花が四方八方に飛び散ります
しゅん・・しゅん・・ と 細い糸のような火を 静かに周りに撒いて
ぽつん と 落ちます

線香花火は儚いものの代表のように言われています


さて
私の持った線香花火にも火が付けられました
ぼおっ ぼおっ ぼおっ 火が止まりませーん
そしてついに私の手のところまで炎がきました
「ダリアちゃん 捨てて!!」
S山さんのお母さんがあわてて言いました

そうなんです
私は線香花火でやけどをしたんです
なんと のろま だったことか!

S山さんのお母さんは慌てて台所から味噌を持ってきて
私の指にたっぷり塗り付けました
それをハンカチか何かでくるんで
家まで連れて行ってくれました


若い人たちは 信じられないでしょうが
やけどをしたら味噌を塗る というのは 当時一般人の常識でした
やってはいけない非常識な常識でした

それ以来
トラウマというほどのものはないけれど
線香花火をするときは 一瞬身構えます




 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こんにちは~!
やけどに味噌・・・
初めて聞きました。
新たな知識として
頭に入れておきたいと思います。

この線香花火のように
思ってもいないことで
やけどなりの怪我をすることがありますよね。

↓の浴衣の記事もとても共感できる記事です。
私は日本を離れて20年。
こちらに来て初めて
自国の伝統といぅものを
あらためて見直した者です。
こちらの皆さんに聞かれて
答えられるようにあれこれ学んだり
やはり着物を着て欲しいと頼まれたり・・・・。
やはり他国の方に日本の着物は・・・
日本の浴衣は・・・・・
と話す際、できる限り正しくお伝えしたいと
思いますよね。

振袖を断りも無く短く切ってしまうなんて・・・・
胸が痛みます。

素敵なブログですね。
又遊びに来させていただきます。
最後になりましたが
ブログ1周年おめでとうございます!

yuko さんへ

やけどに味噌は ばい菌が入るといけないので
やってはいけません
あわてて付け足しました

着物はもっと残ると思ったのですが
衰退の一途をたどっています
どこの民族衣装にも負けない美しさを持っていると思っています
でも活動的でなかったり
着ることが出来なかったりと 問題があるのだと思います

どうぞまたおいでくださいね
着物のことも少し書きたいと思っていますので

おいでくださってありがとう


夏の思い出

dariaちゃんはやけどしちゃったのね
それはトラウマになるでしょう

私は線香花火が好きでしたよ
そ~と持って最後の玉が落ちないようにして・・・

音がする花火はあまり好きじゃなかったです

その反動で大きな音のする花火大会めぐりしてますが。。。ふふふ
来週は長岡へ行ってきます

あいりすさんへ

あいりすさんは 花火大会めぐりは
天から与えられた使命でしょ(笑)
そして私たちに 花や花火の姿を伝えてください

車の渋滞やら虫刺されを我慢しながら
きれいな写真を撮ってくださるんだから
ありがたいことこの上なしです
楽して楽しんでいます
長岡も期待してます

おいでくださってありがとう


私は線香花火って言うと悲しげな・・・

こんばんわ

この線香花火の最期のポトッで二男が2歳の時
右足の甲に落としてしまい皮膚の中にめり込み
外科の先生摂子で黒いものを出してくれました!
痛かった事ですが・・・
いまだに跡はあり盛り上がっていますが!
覚えていない!良かった♪
でも最低な親でした。

味噌というのは聞いたことありませんが!
家はすぐにアロエ付けて夜間当番に駆けつけました。

身構えるでしょうね!
昔といえどもお大事に。

サリーさんへ

悲しい思い出ですね
子どもの足までは 把握してないってことが
私もありました
でも
それだけで終わったからよかった
あまり自分をお責めになりませんように

おいでくださってありがとう

線香花火いいですよね~

こんにちは~ 線香花火はいいですよね。
最近は花火で遊ぶことはありませんが、子供の頃は
よく買ってもらい、ロケット花火や爆竹、火を噴きながら回転するもの、
パラシュートの出る花火など派手なものばかり好きでしたが、
なぜか、その中には線香花火があって、子供ながらも線香花火の
何ともいえない雰囲気の短い時間の輝きを楽しんでいました。
あと、やけどをした時に味噌を塗るというのは実家でも行っていました。
子供の頃、ちょっとやけどをしただけで味噌を塗られた記憶があります。
久しぶりに子供の頃の記憶が蘇りました。

彩雲さんへ

セットになっている花火には必ず線香花火がはいっていますね
優しい花火ですから
音が出る花火や落下傘が出るものなどの合間に
気持ちをおちつけるのにいい花火なのかも知れませんね

やけどに味噌・・ご実家ではやってましたか
やはり 東北は味噌文化があるらしく 
こんなときも味噌を使ったのかとおかしくなります
彩雲さん
ばい菌が入るといけませんので やってはダメです

おいでくださってありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。