RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09
26
Category : 旅行
スイス旅行の中のワンシーンですが・・・

スイスの電車の指定席は 日本のそれとかなり違っています
車両そのものを見ただけでは指定席かどうかがわかりません
列車は 1等車と2等車に分かれていて(特等車もあるらしい)
車両に  とか  とか書いてあります
それを 私は1号車2号車と読んでしまい 
「うわあ2号車がいっぱいあるー」とびっくりしたのですが
そのうち これは2号車ではなく2等車なのだと分かり後から大笑いとなりました

指定席は 日本のように一席一席指定となるのではなく
車両の半分とか ここから前とか 全く大雑把です
人数や旅行社の名前を書いたペラペラの紙を 窓などにセロテープで留めておくだけです
だから席が余っていることもあるのです

本題に入ります
2日目でしたか 2駅ほど電車での移動がありました
T子さんの
「席は取ってありませーん
 空いてるところに座ってください
 2駅で降ります
 忘れないで降りてください」
という声に押されるように乗り込みました
イタリアからの団体客の車両でした

ちょうど2席空いていたので 
「すみません」
と座りました
すると 目の前の席にいた女の人が 年の頃は私と同じくらいかな
その人が 一生懸命何かを話しているのです
けれどそこに戻ってくるような人もいないので
2駅だから お許しいただこうと座っていました

その人は 通じないと分かると 話を止めました
私もちょっと間が悪かったので 窓の外を見たりしていました
ふとその人のスラックスを見ると かわいい漫画が描いてあったのです
「あ かわいい」
と娘と二人で笑うと その人も喜んでまた話し始めました
私たちが話す英語は全く通じず 私たちはイタリア語が全く分からず・・・
そんな状態でした

私は ふと自分のバックについていたストラップをあげようと思ったのです
娘に「これあげたい」と言うと
「でも 欲しくないかも知れないよ」
「そうかなあ」

言葉が通じないもどかしさというより それがとっても悲しかったのです
せめて お詫びにと バックからはずして渡す仕草をしました
するとホントにちっぽけなストラップだったのですが
とても喜んでくれました
「これは 日本の鳥で 朱鷺で・・・」
英語で説明しましたが やはり通じません
仕方がないので 相手のバックの持ち手のところに付けてあげました

すると 立ち上がってハグしてくれました

20分ほど乗って 私たちは降りました

もう二度と会うことはないでしょうが 握手して別れました




ストラップは 前に書いた 佐渡の朱鷺のストラップです

032.jpg


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こんにちは~

もっと言葉が通じ合えば・・・
って思ってしまいますよね~
でも、
言葉が通じ合わないからこそ
伝えたいって思いが
私たちの行動の後押しを
してくれるのかもしれませんね^^
素敵なお話がきけて、
なんだかとってもすがすがしいです。

よろこさんへ

言葉というものは 不思議なものだなあと思いました
一生懸命聞こうと思っても
分からないのですから

会話が出来なくてもせめて単語だけでも分かると
少しは広がるかも知れないですね
英語は世界共通語ではないんだということも
よく分かりました

機会があったら 少し勉強したいものです

おいでくださってありがとう


うわ~
素敵ないいお話ですね~
言葉が通じ合わなくても、何か通じるものって
ありますよねぇ…
その時の方もホントいい思い出になられたんでは
ないですか?
dariaさんにとってもそこまで喜んでもらえると
いい思い出だったでしょうねぇ!
あぁ素敵なお話だぁ

ステキですよ~^^

こんばんわ

ステキな事があったんですネ♪
言葉は分からなくっても・・・
世の中皆兄弟(笑)

とても素敵な時を持てたことが素晴らしいです。

流石dariaさんイカスゼ~ww

ステキな思い出です。 最高♪♪

ひろひろさんへ

実のところあんなに喜んでくれるとは思わなかったのです
突然どやどやと乗り込んで行ったわけですから
少し不愉快だったかも知れませんが
喜んでくれました

ストラップそのものがあまりない外国のことなので
珍しくもあったかと思います
私もいい思い出です

おいでくださってありがとう

サリーさんへ

ほんの20分くらいの間まの出来事でした
一生懸命話しかけてくれたのに
全く分かりませんでした
バード バードと言って両手を羽のように動かしたので
それだけは通じたようです
外国にはストラップがないので
どうやって付けるかも分からなかったので
付けてあげました

まだ持ってるかなあ

おいでくださってありがとう


言葉が通じなくても心が通じましたね。

国内旅行しかしたことがないので、
今回のdariaさんのような経験はしたことはありませんが、
言葉が通じなくても相手の方に心が通じて、
喜んでいただけたのは嬉しいことですね。
きっといつまでもストラップを大事にされて
この時の様子を思い出すのではないでしょうか。
自分もいつか海外に行った時に何かしら心が通じる
交流ができたらいいなと思いました。

彩雲さんへ

単語だけでも覚えておくといいかも知れません
でも 英語は何となく身の回りにありますから いいのですが
イタリア語や ポルトガル語になると
全くわかりません

英語だけではどうしようもないということが
よくわかりました
かといって いまさら覚えられませんから
早く自動翻訳機のようなものができればいいなあと思いました

おいでくださってありがとう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。