RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08
29
Category : 思ひ出
あの時はいろいろ悪い状況が重なっていました

あのころ幼稚園に行くのに下駄を履いていました
その下駄の鼻緒が朝切れていたのですが 私はすっかりそのことを忘れて遊んでいました

帰り際に先生にどうしても聞かなければならないことができました
「せんせい あしたおべんとうもってくるの?」
「ダリアちゃんが うん と言わないのなら教えない」
先生はそっぽを向いたまま答えました

大好きな先生がこんな冷たいことを言うのには訳がありました

秋の学芸会に浦島太郎の劇をすることになっていました
その<おとひめさま>の役をやれと言われていたのです
今 こんなに自己顕示欲が強い私が なぜかイヤダと言ってききませんでした
多分この時までにかなり先生は説得していたのでしょう
それでも絶対イヤダの姿勢は崩さず さすがの優しい先生も 今風に言えば頭にきていたのですね

私は仕方なく下駄箱のところに行き 朝下駄の鼻緒が切れていたのを思い出しました
小さな子供では どうしようもありません
先生に言えば簡単に鼻緒をすげ変えてくれたでしょう
だけどそうすることは おとひめさまをすることになります
それはどうしても嫌だった私は 意を決して 上履きとして履いていた赤いゴムのスリッパで帰ることにしました

うれしかったのは 窓から男の子が
「あした べんとうだって」
と教えてくれたことです

家までは大きな川の堤防を歩いて帰ります
もちろん砂利道で そこをペタペタずるずると歩きました
ゴムのスリッパなどあっという間に擦り切れてしまいます
家に帰った時の母のリアクションは覚えていないのですが 多分もう履けなかったはずです

2ヶ月くらいたった時学芸会があり浦島太郎が上演されました
おとひめさまは こんのひろこちゃんがやり 私はお友達3人と秋刀魚をやりました


     夫は秋刀魚が大好きです
     今年は北海道で秋刀魚が取れたとTVニュースで聞いた時
     ころっと太った生秋刀魚を塩焼きにしていただきました
     
     秋刀魚がおいしい、おいしい、という夫は
     私が幼稚園の時秋刀魚の役をやったというのを知りません
 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

dariaさん、こんにちわ^^b
訪問&コメントありがとうございました。

私は幼稚園のクリスマス会の劇で<星1>をやりました。
ほんとはマリア様がやりたかったのに・・・。
せめて<大きな星>の役ならせりふがあったのですが(笑)

おとひめさまなら準主役なのに、もったいない・・・。
でもおとひめさまってちょっと意地悪ですよね?

dariaさん、それでいやだったのかな?

またおじゃましますe-463

可愛い思い出ですね。

こんにちは。ほんわかしながら楽しく拝見させていただきました。
dariaさんの小さい頃のこの思い出が、秋刀魚の時期が来ると思い出されるのですね。

"おとひめ"さまは女の子ならみんなが憧れる役ですよね。
先生はdariaさんにやって欲しかったという気持ちが強かったようですね。でも、頑なに拒むdariaさんが下駄を履かずに上履きで砂利道を歩いたというのはとっても可愛いなと思いました。
男の子とは優しいですね。お弁当だということを教えてくれるなんて・・・

この時期になると秋刀魚がスーパーなどに見られますが、もう秋なんだなとちょっぴり寂しくもなります。

丸々太って脂の乗った秋刀魚はお刺身にしても焼いても美味しいですよね~

こんにちは

おとひめさまの役、どうしてイヤだったんでしょうね~。

この年頃って、そんなにイヤじゃなくても一度イヤと思ったら頑固に意地を張ることってありますよね。

先生の推薦ですから、きっと主役級の適性があったんじゃないかと思われます。私は母親猫という端役を演じた思い出があります。そんな地味少女だったのに高校では演劇部員。
人生どうなるかわかりませんね~。

dariaさんの日記で自分にも意地を張った思い出、少し思い出されました。
懐かしい不思議な感覚がします。ありがとうございます。

ほのぼの

子供の頃のことって、覚えていません。
どうしてなのか分からないけど・・・・
アリンコがどうのとか、セミのヌケガラがどうのとか・・・
きっと自分の世界で楽しんでいた子どもだったのかもです。
秋刀魚が大好きなご主人とめぐり合うなんて・・・とってもファンタジーな思い出話ですね。

残念でしたね~???

おとひめさまから、どうして 秋刀魚になったのか? そのへんのプロセスが ちょっと不透明ではありますが^^
学芸会 に 下駄 懐かしい風景ですね!

扁頭腺の弱い ご主人さま 秋刀魚を食べて きっと、今日は回復された事でしょう ^^

ホンワカした気持ちになれました ありがとうございます♪

※ お弁当だよ!って教えてくれた男の子 今どうしているのかな・・・・・

秋刀魚!!

こんにちは

今年の秋刀魚は、よろしいようで・・・
生でお刺身、握りでも食べれれるそうです。
でもこんがり焼き目入れ大根おろしでてのが
家庭料理でしょうか??

私は晩熟で前にもおはなししたように
あまり覚えていませんが・・・
母がいまでも言います。
何にもせず。。とうとう蕾で30分真中で両手を
合わせて蕾役で立ってただけだったって!!
自分では覚えてもいませんが・・・
ヒロインになりうる力をおもちで先生も残念だったんでしょう!!
でも「お弁当だって」って教えてくれた男の子
覚えてらっしゃるのかな??
上履きを引きずった思い出。。ご主人の秋刀魚好きで
「美味しい!美味しい!!」
懐かしき思い出に浸れるのもまた楽し♪

さんまのおいしい季節になりましたね。
「旅に七輪を持っていこうか」
「バカ!腰が砕けるぞ」
なんて相方と話しながら、笑っていたこの頃です。
炭火で焼いたサンマに大根おろしと生醤油。
キュッと絞ったスダチをたらして・・。

ああ、さんまが恋しい。

Milkyさんへ

こんばんは

どうしてやりたくなかったのか よくわかりません
でも乙姫様をやったお友達の名前をおぼえているということは 本当はやりたかったのかな
ハイ やりますって 素直に言えばいいのにね
 
おいでくださってありがとう
とってもうれしいです

私もまた伺いますね

彩雲さんへ

こんばんは

考えてみたら幼稚園の思い出に出てくるのは 不思議と男の子ばかりですね
男の子って優しいんです きっと

あの頃物もお金もなかった時代ですから スリッパを買うのは大変だったので いまでも覚えているのかもしれません
母に叱られた覚えはないのですが たぶん悲しそうな顔をしたのだと思います

おいでくださってありがとう

 

おちゃさんへ

こんばんは

本当に子どもって時にとっても意地っ張りになったり やりたいことをそう言わなかったりってありますよね
お子さんのことを見てると よくわかると思います

演劇部だったんですか わたしも高校の時所属してました
裏であれこれ注文を出しているほうが多かったかな

来てくださってありがとう
ブログネタもありがとう

姫さまへ

こんばんは

姫さまがお子さんの時は きっと楽しいことが多くて 満足して日々過ごしていたのでしょうね
3年生くらいまでは記憶がないって言いますから
ショックが大きいと残るらしいです

おいでくださってありがとう

めだかさんへ

こんばんは

ホント 今考えるとやりたかったんでしょうね
残念でした やっとけばよかった

下駄をはいていたんですよね 
それから父は(母じゃなかったのが不思議ですが)いつも下駄の鼻緒になるような布切れを持たせてくれました

あの幼稚園で1年間一緒に過ごした男の子たち どうしているでしょうね 
引っ越してしまったので 全くわかりません

おいでくださってありがとう



サリーさんへ

こんばんは

お母様は 次は花になると思って待っていらっしゃったんでしょうね
ずーっと蕾のままでいたサリーさんが目に浮かびます
幼稚園の学芸会って そんなところがありますよね

その当時の男の子のその後は全くわかりません
どうしているでしょう
もし クラス会があったとしても思い出すのは無理でしょう
夢の世界です

今年の秋刀魚は大きいようです

来てくださってありがとう

さろ坊さまへ

こんばんは

今年のサンマは大ぶりです
脂もかなりのってます

前に 暑さを避けて夜散歩していたことがあります
その時新築の家の玄関先で 七輪でサンマを焼いていたのを見つけました
それ以来その家は<サンマのおうち>と呼ばれています

おいでくださってどうもありがとう
うれしいです
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。