RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11
12
Category : 思ひ出
秋晴れの日には お布団を干す方も多いと思いますが
昔々の お布団にまつわるお話です

               
子どもというものは お客さんが好きです
私もそうでした
家の中が賑やかになったり ご馳走が並んだり ちょっと褒められたり
日常と違う雰囲気があって 嬉しかったものです
        
まだまだ小学校に上がる前のことでした
父の仕事関係で 東京からお客さんが来ることになりました
その当時 簡単に泊まるところもないということから
我が家に泊まることになりました
6畳と4畳半 3畳の小さな家です
そこにちょっと気を遣わなければならない お客さんが泊まることになりました
      
両親は 子どもには分からない気苦労があったことは間違いないのですが
その中で一番大変だったのは お布団でした
     
満州からの引き上げですから
客用のお布団を揃えておくなんていうことは
無理な話でした
さてどうしましょう
同じ市営住宅の中でも 少し余裕のある家があって
そこに眼をつけたおキンちゃんは
頼みにいき 借りてくることになりました
        
        
当日
家では見たことのないお布団が 
6畳間の片隅に重ねられていました
そこには もちろん 乗っかって遊ぶことは出来ません
         
そしてお客様
覚えてはいないけど 
ご飯を食べて お風呂に入って 
「どうぞお休みください」というようなことがあったのでしょうね
      
夜の闇の後に
当然 朝がきます
親たちは やれやれと思ったにちがいありません
         
子どもというものは 
よく言えば純粋で飾り気がなく 悪く言えば単刀直入で 残酷です
私は まだお客さんがいるうちに
大きな声で言ったのです
    
「かあちゃん
           
 ふとん 〇〇ちゃんちに いつかえしてくるの?」
        
          
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

自分もお客さんが来るのが好きでした。

こんばんわ~ 文面を拝見して自分も小さい頃は
お客さんが家に遊びに来たり、泊まったりすることが好きでした。
理由はdariaさんと同じです。(笑)
ご両親は気遣いなどで大変だったかと思いますが、
子供はそんなことお構いなしですよね。
でも、最後の言葉を聞いてお母さん達は
びっくりしてしまったでしょうね。

彩雲さんへ

びっくりしたでしょうし
思わず私の口をふさぎたくなっただろうと思います
おもてなしも台無しでしたから
         
でも 世の中には
余っている布団を持っている家があったのだということが
子ども心に残っています
         
おいでくださってありがとう
         

同じような事で・・・しかられた!

こんばんわ

ほほえましいお話です♪
子どもって正直ですものねぇ~笑

でも布団の上で遊んだ覚えはありますわぁ~
楽しかったです。

そんな素朴さが今もほしいですネ☆彡

おはようございます

思わず吹いてしまいました。
ありますあります。
笑ってしまいました。
大事なお客様のときは親にとってはたまりませんね~
うちでも気をつけなければ…
大事なお客さんはほとんど来ませんが…

サリーさんへ

言っちゃいました
あとあと かなり言われましたね
わたしにとって すごく気になったことだったんでしょうね
      
今は そんな風に気を遣うことって
なくなったのでしょうね
     
おいでくださってありがとう
         

ひろひろさんへ

大事なお客さんのときに限って
いつも言わないようなことを言うんですね
親にすれば顔から火が出そうな言葉でした
その後
笑い話になりましたけど
    
おいでくださってありがとう
           

こんにちは

ひぇ~子供は正直ですから
今、思えば大汗ものですよね

子供の頃はお客さんが大好きでわくわくして待ち遠しかったですものです

今は面倒でお客さんが来ると聞くと億劫でその日が終わるとほっとします。。

あいりすさんへ

昔はいろいろ大変だったのでしょ
赤っ恥というものでしょうが
世の中がみんなそんなだったので
許されるかもしれません
      
今考えると 青くなります
         
おいでくださってありがとう
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。