RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09
20
Category : カナダ旅行
<霧の乙女号>
乗りました
アメリカ滝の向かい側から乗り カナダ滝のあの水しぶきの中へ進みます
船は小さく見えますが 500人乗りの船で 20分間隔で動いています
残念ながら水しぶきがひどくてカメラを使うことができなかったのですが 1枚だけ撮りました

DSC00461.jpg

この写真はアメリカ滝なのですが それから カナダ滝のほうにすすみ 多分滝が水が落ちている淵のあたりだと思うのですが そこで船は7、8分動かずいます
そして たっぷりと水を浴びます
もちろんナイロンでできた簡単なコートはもらうのですが そんなものは役に立たないくらいです
船を降りてから何となくおなかのあたりが濡れてるなと思ったら 袖のところから水が伝わって行ったものでした


この日の昼食はこの写真の奥のシェラトンホテルのバイキングでした
DSC00705.jpg

もしこのホテルのように滝を見渡すことができるホテルに泊まれば 朝 昼 夕 夜と思う存分 滝を楽しむことができます
残念ながらここには泊まることができなかったのですが 計画を立てるときはご一考ください


そう ここはこのような大きいプランターにカンナのように背の高い花が植えられ 周りは小さな花々で飾られていました
見たことはある花なのだけれどあまりに大きく 造花かしらと思ったくらいでした

DSC00711.jpg

DSC00692.jpg

下の写真は滝の水しぶきで全体的になびいています
道路を挟んだところまで霧が吹きつけて 冬は霧氷が美しいそうです
寒いでしょうが 四季折々いろいろな顔を見せるナイアガラの滝 だそうです


昼食のあとは ナイアガラ川沿いの道をオンタリオ湖まで下ります
道路の脇にはかわいい家が並び それぞれの庭は綺麗な花で飾られています
公園があったり植物園があったりしますが 驚いたのは道路のすぐそばにゴルフ場があったことです
柵や塀があるわけでなく プレーをしてボールが飛び出すこともあり それをドライバー(車の)は打ち返すまで待っているのだそうです
日本では考えられないことですね

次に見たのは この川がほぼ直角に曲がるところです
水量の多い川ですから 当然渦を巻いて曲がっていきます
ケーブルカーがあり 真上から眺めることができますが あちら側はアメリカなので 上陸せずに引き返すのだそうです

DSC00466.jpg

次は 花時計です
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

国境までケーブルカーで・・・

こんにちは

<霧の乙女号>
素敵な名前ですね。
もう昔の乙女ですが・・・
マイナスイオンどころではありませんね。
でも浴びてみたいびしょびしょの乙女になりたい。♪
シェラトンホテルに泊るとナイアガラの滝が一日中見渡せているわけですね??
そうするとそれなりにこのホテルは人気が高くて取れにくいってことになるんですか??
ケーブルカーは国境まで行って引き返すんですね。
アメリカを下に見てさようならなんですかぁ~~♪
楽しそう!! また次回楽しみです。

素敵な風景ですね。

こんばんわ~ 船で滝の近くまで行くことができるのですね。この水量だとたくさん水が掛かってしまいますね。
間近で見る滝はとっても迫力があるでしょうね。
お花も色とりどりでとっても美しいです。
ゴルフ場の様子は日本と違ってのんびりしているなと思いました。(笑)
川の色はとってもきれいですね。渦が巻いていてまるで鳴門の渦潮のようですね。

サリーちゃんへ

いらっしゃるのがあんまりにも早いものだから きっと サリーさんは 魔法使いサリーちゃんなのかも知れないナ と思って・・・

このナイアガラ川が国境なので あちら側に止まって降りるっていうのには手続きが欲しいのかもしれません
ガイドが「降りられません」って言ってました
でも簡単に行く方法があります
次回お楽しみに

いつもありがとう

彩雲さんへ

船は滝の水の落ち口まで行くと止まり 十分に水を浴びさせてから出てきます
どこから来るんだろうと思うくらいすごい水の量でした
それでも川のところでは ガイドが 今日は水が少ないと言ってました 

この道路沿いはとっても素敵で 自分の車だったらあちこちに止まってとっても時間がかかったと思います

いつもありがとう

違いますねぇ~。

こんにちは。(^-^")/

川の水の色といい、渦巻きといいダイナミックですね!

まりさんへ

こんばんは

どこから集まってくるんだろうと思うくらいすごい水量でした
遠くロッキー山脈のほうから来るらしいのですが よく分かりません

おいでくださってどうもありがとう

はじめまして。滝の画像すごいですね。
今は忙しくてまとまった休みもとれないの
ですが、休みが取れたら行ってみたいのは
北欧orアルゼンチンのイグアスの滝を見に行き
たいと思っています。過去、アメリカには
トランジットだけで行ったことないんですが
でも南米には行ったこと有るっていうヘンな
渡航歴の持ち主なのです。

giandujaさんへ

はじめまして
ようこそいらっしゃいました

今回はハワイにしようかカナダにしようかっていう安易な2択で 9月のハワイは 夏にハワイは有難味が薄いだろうっていうことでカナダにしました
一度飛び出してみると 世界がぐっと近くなりますね
今度はどこに行こうかというと 夫がしぶーい顔をします

おいでくださってありがとうございました

壮大な景色ですね

「すごい!」ほんとその一言につきますね。
僕も一度は見に行ってみたくなりました。
それに、ホテル前の花も綺麗ですね。
これもビッグサイズなんですよね。
さすが北米。スケールが大きいなぁ。

Daiさんへ

こんにちは

全てが大きかったです
滝が大きいのはもちろんですが 花もひとつひとつが大きいのです
写真ではあまりよく伝わらないのですが とにかく 大きいの一語に尽きます
あーちゃん はる君が小学校の5,6年生になったらぜひ連れて行ってあげてください

おいで下さってありがとう

ビューティフル!!

滝からの眺め、すばらしいですね。
私も、実は初めて行った海外旅行で
ナイアガラの滝を見に行ったんです。
アメリカ側から渡って、カナダで一泊しました。
ただし、冬だったので滝の一部は凍っていて
「乙女の霧号」は運休中…。すごく残念でした。
dariaさんは乗れたんですね!!いいなぁ。

続きも楽しみにしています♪

はじめましてダリアさん
足跡があったのでお邪魔しました
僕も花が大好きです
昔、花やになりたくて
入りびたりの花や店主に
朝市までくっついて行ってました
そして今、付き合って2年近い彼女は
花やさんです
お店で一番美しい花を連れて帰ったという訳で・・・
来客には必ず花でお迎えし
今もパソコンの脇に薔薇が咲いています
花の癒しを僕も感じますよ
これからも時々お邪魔しますので
どうぞ宜しくお願いします

こんばんわ~

ご無沙汰しちゃいました
私が実家サービス中に カナダ旅行記も3・4と
アップされて・・・・
まとめて読ませていただきました
↓ナイアガラ・・・やっぱり すごい滝ですね
写真からもイナスイオンがバシバシきそうです

日本にいると 国境なんて考えないけれど
そっちはアメリカよって感じなんですね(笑)
ヨーロッパに行った時 バスに乗ってる途中で
パスポートって・・・あれ? そうか!って・・・

まだまだ続きがありそうですね 楽しみです

ピコちゃんへ

こんばんは

冬のナイアガラもいいようですよ
インターネットで見てみたら 冬は冬で厳しくて素敵なようです
ただ 寒かったでしょうね
霧がかかっても乾かないですものね
またぜひいらしてください
カナダ側のほうがきれいに見えるみたいですね

おいで下さってありがとう

atelierさんへ

こんばんは

まあ ごちそうさま と思ってしまいました
幸せですね
お身体のほうは大丈夫ですか
一番美しい花は 一番頼りになり 一番優しい方だったんですね
今UPした・その5・の教会の写真をプレゼントしたいと思います
お幸せに

おいで下さってありがとう
またぜひおいで下さい

風見鶏さんへ

こんばんは

静かでしたよ PCの世界も
でもご実家には行かなければなりませんものね
何たって敬老の日&お彼岸ですから
明日が過ぎるとまた普通に戻るのでしょう

本当に国境のことは日本では考えられないことですね
だから何となくのんきにしていられるのですね

おいで下さってありがとう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。