RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11
16
Category : 小品
小学生の頃のことだから もう半世紀も前のことなので
これがバレても もう誰もとがめられないでしょう


どんな用事があったかはわからないのですが
同級生のせつこちゃんが 
家に帰って家の人に何か書類を書いてもらわなければならなかったのです
せつこちゃんの家は小学校から2キロくらいありましたから
先生は一人で行かせるのはかわいそうと思ったのでしょう
私に一緒に行くように言いました

二人は思いがけなく勉強から逃げられると大喜びで出かけました
暑くも寒くもない時期で
その通学路のすぐ脇には川が流れていたので
何だか川原で遊んだ記憶もあるのです

家に着いて せつこちゃんは家に入り 私は家の前でぶらぶらしていました
家の人が出てきて 用事が終わったことがわかりました
すると 別なところに連れて行かれ
途中まで乗っていくといいよと
バスのようなものに二人は乗せられました

それは 刑務所の護送車でした
せつこちゃんのお父さんが刑務所に勤めていて
ちょうど市内に行くところだったその車に 子どもだからと乗せてもらったのです

昔よくあったお見合いバスのように 向かい合わせに座席がありました
乗降口からすぐのところにすわりました
向かい側を見ると
一人の男性が風呂敷包みのようなものをひざに置いて
その上に手を組ませるように乗せていました
その手首には 手錠がはめられていました
セピア色の作業服のような服を着て 静かに座っていました
とても静かな面持ちで きれいな目をしていたのを
今でも思い出します

バスにはその男の人と運転手さんと もう一人男の人が乗っていました
私は その人のほうは見ないようにしながら窓のほうを向き
表を眺めていました
いかにも子どもっぽく
バスにあんまり乗ったことなんかないや
すごいすごい という顔をしていました


途中の交差点で下ろされた二人は 全速力で何も言わず学校まで走りました



今だったら これが知れたら大変なことになるでしょうね
でも 何にもありませんでした



刑務所の護送車に乗った話でした


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

確かに今だから~

おはようございます

(@_@)!!なお話でちょっと怖かったです。
確かに今はできませんよね!!
こちらにも静岡の刑務所がありますが・・・
毎年恒例の受刑者の作品、タンスとか作成したものです。
お安く売ってくれます♪
バイパスの側にありますが!!
私は街の中にあるし交通刑務所かって??
思っていたら・・・
結構重い(強盗等)刑の受刑者だそうです。
その方たち乗せて出てゆくバスがありましたが!!
窓はすべて中を見せないようにしてあり格子がはまっています。
dariaさんすごい冒険されたんだって思います。
(受刑者の中にも可哀想な罪に服している方も見えます。)

映画の場面みたい

どういう罪を犯した方だったのでしょうね。
小さい純真なお子さんの前で
緊張して恥ずかしかったかもしれませんね。

お友達のお父さんも極悪人とは
同乗させなかったと思います。
なんとなく、まだいろいろ融通が利いた良き時代だったと言うか・・・
ですね。

サリーさんへ

今になってもそのときの風景やその人の顔をおぼえているのですから
子ども心にかなりショックな出来事だったのだと思います 

刑務所では野菜もつくっていて
今の季節に販売してくれることもあります
箪笥 書棚など注文でサイズ違いなども作ってくれます
配達もしてくれるので 
刑務所のお近くの方は ぜひいらしてみてください
お店はいつも開いています
私も何年か前書棚を6こくらい買いました
品物はいい品物ですよ

おいでくださってありがとう


mamilucky さんへ

何をした人だったのでしょうね
もしかするとまだ刑が決まっていなかった人か
もうすぐ出所する人か だったのかなあと思います

まだまだいろいろなところで ゆるかったのか 混乱しているのか
そんな時代だったのでしょうね

おいでくださってありがとう


おはようございます

公用車その3はすごい体験でしたね

ドラマで見ている光景の実写
子供心でも怖かったと思います
今、乗ってもいいって言われても躊躇しますよね



あいりすさんへ

恐怖心はなかったんですよ
知識がなかったということと
知り合いのお父さんがそこに勤めていたということで
信頼していたからでしょうね
だけど今も覚えているということは 
それが異常な状態だとは分かっていたらしく
緊張だけはしていたのでしょう
今思うと ドキドキものですが

おいでくださってありがとう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。