RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11
18
Category : 小品
終わりの章は 最初に戻ってパトカーのお話です

これは20年位前のことですが やはり山形でのお話です
初めて走る道路で 私が運転していました
舗装はしてありますがいわゆる田舎道で 私の車しか走っていませんでした

運転し始めて少し過ぎて
アクセルに足をかけ さあ行くぞと思ったとき
後ろにパトカーが走っているのに気が付きました


あ パトカー・・・
ここ 何キロ?
標識ないよね
標識 ひょうしき 標識

60出してもいいの?
細い道だけど 60出してもいいの?
出して つかまったらまずいよね
じゃあ 40にしよう
40 40 

ひょうしき 標識 ひょうしき

40なら もし30でも 10キロオーバーだし
10キロオーバーなら 誤差の範囲だし大丈夫・・・

標識 ひょうしき 標識

ないなあ
じゃあ 60かなあ
でもつかまるのは 反則金もったいないもんね
いいや
40 40 40で行こう

これを超短時間で頭の中でぐるぐると考えるのです
だからそんなに時間は経っていなかったのですが
後ろのパトカーさんはしびれを切らして
追い抜いてくれました
追い越すとき 助手席にいた警官の方がこちらに敬礼してくれました



パトカーさん
スピードをコントロールするのに そのお姿がとても有効です
パトロール ご苦労さまです



5編お付き合いいただき
ありがとうございました


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。