RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12
10
Category : 日常
震災後何日かはスーパーも
流通がストップしてしまったので閉店されていました
それが再開されたとき
もちろん人々は主に食料を求めてお店に向かいました

知り合いのAさんも 家族と一緒に出かけました

節電のため照明も少なく
薄暗い店内の食料品の棚は がらんとしていて
特に納豆は 
納豆を作る工場が被害を受けたことはもちろんですが
容器 プラスチックフィルムの生産が不可能だったことで
品物が極端に少なくなっていました

買い物客はみんな殺気立っていて
よその人のかごを盗み見ながら
あれも欲しい これも買わなければと
店内を食料を求めて 歩き回っていました

幸い納豆は 棚に少しだけ残っていて
お一人様2パック(3個入り)まで
とあったのでそれを入れ進んでいくと ふと 声がしました
「ああ 納豆あったんだ」
「はい まだあるんじゃないかな」
そのおばさんは 売り場へ戻って見ましたが もう既に売り切れていて
「なかったです」


別に報告しなくてもいいのに
戻ってきていかにも残念そうにかごの中をちらちら見るそのおばさんが
あまりにも気の毒だったので
Aさんは 自分が買おうとしていた2パックのうちひとつだけ
そのおばさんのかごの中に 入れてあげました

買い物を終え 店の表で
そのおばさんとまた会いました
おばさんは立ち止まり 
Aさんに向かって ゆっくり最敬礼をしたそうです




殺伐とした震災後 
こんな風景があったことを 皆さんにも聞いていただきたく
暮のうちにと思い
ボケ中の頭をたたきながら 書いてみました


017_20111210101003.jpg


今はスーパーの食品棚にたっくさん売られています


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

そうでしたね
あの時、こちらもスーパーでは異様な雰囲気でした
納豆、ヨーグルト トイレットペパーまで(*_*;
もうこんなことは起こらないでほしいです

でもあの少しの間、みんな譲り合おうって気持ちありましたよね

あいりすさんへ

1ヶ月経って帰ってきたときも
なんとなく異常さの残るスーパーでしたから
当時は大変だったでしょうね

おばさんの最敬礼 なんとなくわかる気がして
これを聞いたときうるっときました

おいでくださってありがとう



そういう時こそ思いやりの気持ちが大切ですね。

おはようございます。お写真の納豆はよく食べましたね。
とても懐かしいです。
震災後は本当に納豆やヨーグルト、カツプラーラーメン等
あらゆる品物が不足していましたね。
自分の家族のために少しでも多く買い物をしようとみなさんが思う中、
相手を思いやる気持ちの大切さと温かさを感じますね。
CMでもたまに流れていますが、人は支えあって生きていかなくてはならないので
このような行動ができるような人間になりたいです。

彩雲さんへ

懐かしいですか
こちらだけで売っているのでしょうね
たくさん売っていましたよ この納豆!!
あの ヨークベニマルで

いい場面だったなあと思って
書いてみました
いつも こんな気持ちを忘れずにすごしたいものですね

おいでくださってありがとう

No title

のどもと過ぎれば・・・
今日のニュースでは
東北ではまだ冬支度もできてないのに
雪も降って お母さんが長靴もないまま雪かきをしていました。
納豆を分け合った日々から
まだ一年も経ってないんですよね。
あの時のご苦労を風化させないためにも
また思いやりの心を忘れないためにも
このような記事をまたアップしてくださいね。
dariaさん家の皆様はお風邪などひかれてませんか?
急に寒くなりましたので
お身体には充分に気をつけてくださいね。

nanami☆さんへ

どうもありがとうございます

私が関西に足止めされていたとき
そこから来ている私でさえ
もう別の世界のことのような気がしてましたから
もう 遠い世界のことっていうのは
仕方がないことだと思います
でも
nanami☆さんの優しさはよくわかります
どうもありがとう

夫は風邪の問屋さんみたいに
毎年風邪を引いていますのが
私は バンバンです
うーん 少し今ボケてますが(笑)

おいでくださってありがとう



No title

私はあの頃、お米を切らして手にはいらず
ようやく個人商店のお米屋さんを見つけて
5㎏分けて貰う事が出来ました。
いつもはスーパーで5㎏入りを購入しているにもかかわらず
そのときは私までも10㎏買いたいと思ってしまいました。
お店の方は多くの人に分けたいからと5kg制限で売っていました。
地元産のお米だと言う事で、それからお米屋さんと新たなつながりが出来ましたよ。

いろんな物が品薄で、育ち盛りの子供さんがいるご家庭では
不安を募ったようでしたが
そんな時に他人の気持ちに寄り添う日本人の心は小さな事でも
嬉しいですね。
小さな事の積み重ねですものね。良いお話でしたね。

mamilucky さんへ

私は西日本でのんびり過ごしていました
それでもスーパーでは 水 トイレットペーパーは売り切れが多かったようですが
後は何でも買えました
全く平和でした

この話は聞いた話でしたが
最敬礼をしたときのおばさんの気持ちを思うと
何だか泣けてきます

おいでくださってありがとう


こんばんは

震災直後、テレビでよく見ていました。
外国の方たちがびっくりされていました。
文句も言わず、列を並んで待つ日本人。
その秩序が賞賛されていたのをよく覚えています。

dariaさんの記事で、そのことを思い出しました。
日本人であって良かった~!
子供たちに、そういうことを教えてゆきたいです。
dariaさん、素敵すぎです!
そんな危機的状況でも周りに気を配れる人になりたいです!

ひろひろさんへ

こんなことがあった頃
岐阜の片田舎で二人で運動のためふらふら歩いていました
図書館へ行って 本を手にしながら
ほとんど読むことは出来ませんでした

百人の被災者がいたら
きっと百人のいろいろがあったんでしょうね

おいでくださってありがとう


ご立派!!

おはようございます
とても気持ちがなごむお話しいいですねぇ~^^
このご時世ですが~
まだまだ捨てたものではない!!
またいただいた相手も気持ちの良い挨拶でしたね。
このような心を今年の絆とは言いませんが・・・
持ちたいなって思うだけでもいいお話だったです。
ごちそう様です。

サリーさんへ

いろんなところで いろんな場面があったんでしょうね
まだまだ捨てたもんじゃないって
私も思います

冬になって
どうしようもない怒りがこみあげてきたり
どうにもならないさ 
というあきらめで胸がいっぱいになったり
いろいろです

でも 前向きに考えないと・・・

おいでくださってありがとう


思い出します

納豆がなくては朝ごはんがと父に頼まれて・・・
朝10時開店の列に並び納豆買いました。
一人1パック限定なので近くのスーパーへ走りました。
あまりいい記憶はないです。
震災の影響がいろんなところにあるのだと実感してました。
今は落ち着いてきたので、亡くなられた人々への追悼と残された人たちへの応援をしていきたいです。
たかが納豆、されど納豆なんだと思います。
日常の変化に父たちは弱いのかもです。

この花咲くや姫様へ

日本全国で 納豆が不足していたんですね
ないとなると食べたくなるものかも知れません
わたしはおばさんと書きましたが
おばあさんといったほうがいいくらいの人だったらしいです

ああ あんな思いはもうしたくないですね

おいでくださってありがとう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。