RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06
03
CM:10

22:54
Category : 日常
003_20120603215705.jpg

放送大学で 英語の講座を受けてきました

昨日は「ローマの休日」
王女アンが 一日だけローマで普通の女の子として過ごし自分の職務に戻るという
自立物語だと思っていましたが
この映画に込められた意味はいろいろとありました

この脚本を本当に書いたのは実は発表されている人(イアン・マクレラン・ハンター)とは別人で
その当時レッドパージで追放された人(ダルトン・トランボ)であり
監督(ウィリアム・ワイラー)はそれを知っていたのだろうということです

真実の口の場面は皆さんもご存知でしょうが
うそつきが手を入れるととられてしまうというところです
アンたちがその場を去った後 数秒映像が残ります
これは監督がぜひ入れたいといった場面で
その当時のハリウッドの影の部分がそこに込められているのではないか
といわれているそうです


そして今日はアメリカの銃社会についての映画を数本取り上げ
アメリカ人がなぜ銃を手放さないのか?ということについて考えるという授業でした
歴史的なこと いろいろな人種があること など根深いものがあり 
銃のない国にすることは難しいのだけれど
やや 前向きな世論になりつつあるという感じでした






2台ある車のうち
主に私が乗っている車を 手放すことにしました
今日がラストランだったかも・・・


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

ただのラブロマンスではなかったんですね??

こんにちは
オードリの可愛らしさとグレゴリーの恋の物語ではなくって・・・
そして真実の口の場面はいまだに印象に残っています♪
凄いとりあげ方ですね!!
歴史と人種、アメリカでは銃は防御のためにあるといって良いのかもしれません・・・
でもこの世の中前向きに進み始めるってこと凄い!!

うちも車買い換えました。
私たちの年齢でこの車で終わりにしようって思っています。
dariaさんラストランお疲れ様です。

サリーさんへ

2日間にわたって アメリカを それも暗い部分を見せられました
ちょっと気分的に大変でしたが
やはりいろんなこと勉強しなくちゃって思って帰ってきました

車は1台になります
まあ運転できないわけではないのでいいのですが
少しさびしいかなあ?

サリーさんとこは
今買い換えたとしても もう一度でしょうね
30年はもちませんよ

おいでくださってありがとう



持ってます

放送大学のではありませんが、英語の教材で「ローマの休日」のDVDがあります。
髪をカットするシーンが好きです。
それと最後の記者会見のシーンは涙なくして見られないです。

アメリカは歴史は浅いけど、やっぱり侵略ってイメヘージが強いです。
ヨーロッパはカトリックですし、追いやられたプロテスタントの国のイメージも強くあります。
オバマさんは次期も大統領になれるのかしら???
なんて考えてしまいました。

私の畑用の車も買い換えたいなぁ。
なんて、10万キロになるまでは乗り続けます。

おはようございます。

いつまでも ステキな映画であり オードリーですよね。
それを英語で!わあ~ステキですう~

>やや 前向きな世論になりつつあるという感じでした

いい方向に世の中や世界が動いてくれるといいですよね。

いろいろ考えることができる学校に行っているdariaさん!
ローマの休日から 最後はこのメッセージになるとは!
言葉はいろいろつながりができるものだと感心してしまいました。

こんにちは

ローマの休日…
実は見たこと無いんですよねー。
興味アリです。
そういった裏話を聞いてから見るとまた違った見方ができますね。
一度、見てみよう…

ラストラン…
私も昨年、そうでした。
寂しいものですよねー…
また"あの車"に乗りたいなぁ…

この花咲くや姫さまへ

この映画を若いときに見るのと
年をとってから見るのでは 感じ方も違うかもしれません
どうぞ もう一度ご覧ください
真実の口の場面は
グレゴリー・ペックがあの演技の内容をオードリーに言わずにやったのだそうです

裏を知るとなお哀しい映画だなあと思われます


畑用の車って欲しいですよね
うちでも小型トラックを買おうかって言ったことがありました

おいでくださってありがとう


nanami☆さんへ

字幕有りのビデオで見ました
古い映画なので しっかりした英語です
今回はあまり英語に言及はしませんでした
つまり日本語で考えました(笑)

銃のことは アメリカの本当の姿を知れば知るほど
難しいなあ
縮小はされないだろうなあって思いました

おいでくださってありがとう


ひろひろさんへ

一度ご覧ください

この映画は全編イタリアロケだそうです
つまりハリウッドから出て 
監督が レッドパージで追放された人たちと作った映画です
オードリーも 生い立ちではつらい思いをした人ですから
そんなことも胸の隅において 是非ご覧ください

ラストラン・・・
そしてエルグランド
特別な車ですよね
私も それだけは死守(笑)したいです
夫と共有になります

おいでくださってありがとう



No title

英語の講座 すごいですね
テキストも素敵!

オードリーが綺麗でかわいくて素敵な映画でした

ラストラン 思い出がたくさんあるんでしょうね
去年うちも買い替えしました
エコカー減税対象の1週間前でした(悲)

あいりすさんへ

先生は一生懸命英語を教えようとしていたのですが
学生のほうは 一部の人を除いてはあまり出来ませんので
途中であきらめたようで
日本語でアメリカの銃社会についてお話してくれました

英語の授業の中には外国の先生が来て
全く日本語を使わずに・・・というのもありましたけど

税金は高くなるし 車検の修理代は高くなるし
突然 もういらなーいって思いました

おいでくださってありがとう



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。