RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10
13
CM:6

13:55
原住民アボリジニの昔の生活のごくごく一部を再現したショーと
おいしいお料理を食べに出かけました

223_20121013131931.jpg

224_20121013131930.jpg

225_20121013131929.jpg


狩りには欠かせないブーメランや楽器 絵 などなど 入口の所からいろいろ並んでいます
それを眺めながら ウエルカムドリンクをいただき
ショーのお部屋へと案内されます


228.jpg


その部屋で人間の生活に一番大事な物 火を起こす儀式が始まりました
楽器を鳴らし 神様においでいただきます
雷が鳴り 神様が現れました

230_20121013132223.jpg

231_20121013132222.jpg


神様から火を起こすお許しを頂いたのでしょうか
表に出て 火を起こし始めます
そこで ショーを出ていた女の人に
頬に 指で3本の線のお化粧をしてもらい 
その火起こしを手伝うために一緒に表に出ます
手伝うといっても 掛け声の歌と 足踏みです

233_20121013132221.jpg

私は 適当に起こす真似をして 後はマッチか何かで 分からないように火をつけるのかと思ったのですが
最後まで摩擦熱で起こすことにこだわって 火起こしをしました

なかなか付かなかったんです
周りで 木の棒を渡されそれをたたいていた私たちも疲れるくらいだったのですが
木が湿っていたらしく
こすってもこすっても火が出てきません
ウワア大変と思いながら見ていると
しばらく頑張ってやっと起こすことができました

その一生懸命さは 見せかけだけのものと違って
何か真の心のような温かいものを感じました


また部屋の中に入り
レストランで食事をしながら
踊りと それとともに寸劇のような迫力ある舞台を見ました


236_20121013132220.jpg

表で記念写真を撮りそこを後にしました


星空ドライブというおまけが付いていたのですが
あいにく雲が多くて 星は数個しか見えませんでした
けれどケアンズを一望できる丘の上のほうに行くと
都会の街明かりは綺麗に見ることができました
おまけに その日ちょうど花火大会があり 
街の上でポンポンと花火が上がるのが見えました


一緒にこのショーを見に出かけたSさんご一家は
この後 頬に白い3本のおしろいをつけたまま ナイトタウンのほうへ出かけて行きました



オーストラリア 最終夜のお話でした



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

こんにちは

オーストラリア旅行の素晴らしい写真を堪能させて頂きました。
自然がいっぱいでダイナミックな国ですね。
旅行した気分になりましたよ。ありがとう。

mamilucky さんへ

日本と全く違う空気でした
同じ地球にありながらこんなにも違うのかなと不思議なくらいでした

旅行なさった気分になりましたか? 
どうぞ機会があったら オーストラリアにもお出かけください

おいでくださってありがとう


No title

こんばんわ
今度は、アボリジニのブーメランや踊りそして火をつける儀式大変だったようですねぇ~^^
ケアンズを一望できる丘から最後のオーストラリアを眺められたようですね♪
きっとオーストラリアの思い出一杯胸にあふれさせてきたんでしょうね~~
素敵な経験よかったですねぇ~~(*゚▽゚*)

サリーさんへ

こちらもアーウーと歌いながら木の棒を叩いて足踏みをしていたので
結構疲れました
けれど手抜きをせずちゃんと木の棒をこすって火を起こしました
それがプライドなのでしょうね
後からみんなんで記念写真を撮ったりして
楽しかったです

夜景を写真に撮るのは非常に難しくって
うまくいきませんでした

おいでくださってありがとう



No title

マッチ一本で火がつく今の世の中で、原始的な方法で火をおこす様は興味深いです。
マッチですらあまり見かけないですね。
もう火で調理しなくてもIHですし・・・
アボリジニ、インディアン・・・歴史の中で自由を奪われた民族ってイメージです。
この人たちが守ってきた生活は今はショーの中だけでも続いていることが嬉しいような悲しいような。

白い3本のおしろい、私もつけてみたーい。
よい旅をご一緒させていただいた気分です。
写真がたくさんあったので、とてもよかったです。
次の旅はどこかしら???
これも楽しみです。

この花咲くや姫様へ

火起こしの最中に「何かをくれ」と言っているのが分かりました
当然ライターか何か? と思っていたら
なげこまれたのは乾いた(多分)枝でした
それでやったら火が着いたんです
面白かったです

白粉はひんやりとして ホテルに帰ってもついていました
みんなそんな顔でご飯を食べたんです

次はどこでしょうネ
私にもわかりません

おいでくださってありがとう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。