RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04
28
CM:0

22:51
Category : フランス旅行
ここから半日自由行動となります
こんな時何が恐ろしいかって 言葉です
フランス人は英語は少し分かるらしいのですが
話したがらないとかで フランス語で返してくるらしい・・・のです
ま 英語だって分かりませんけどね

ホテルがオペラ座のすぐ近くだったので せっかくだからそこに行くことにしました
中も見学できるようです

277_20130428222420.jpg

今工事が入っているので 脇のところから中に入ります
入場の切符を買うところに 日本語で
「申し訳ありませんが 
 中は照明はしてありませんので ご了承ください」
と書いた紙が貼られていました
そうだよなあ 
何もしていないときに舞台に明かりは付いていないものなあ
真っ暗かあ 
と思いながら まあ記念だからと中に入りました

でもロビーでこんな素晴らしい天井画を見ることができました

266_20130428222424.jpg

267_20130428222429.jpg

上まで上がっていくと 一か所だけ舞台を見られるところが開いていました
確かに中は真っ暗です
けれど ちょうど舞台装置の打ち合わせをしているところだったらしく
照明があたりました
ラッキーでした

273_20130428222433.jpg

客席の深紅のビロード張りの椅子はすぐ間近に見ることができました
豪華な舞台と客席でした

272.jpg

275_20130428222704.jpg



その後は国立図書館へ行くことにしました
歩いて30分くらいだったと思います

フランスの道路は 日本の道路のように直角に交わっているのではなく
一か所の交差点から 5本も6本も道が分かれているのです
だから 頭の中で「ここを曲がればあそこに出る」と思うのが道に迷う原因になると聞きましたので
主要な道路だけを頭に置いて 探しました

279.jpg
280_20130428222712.jpg

図書館の中は円形の書棚に囲まれた
落ち着いた広々としたところでした

「少し見せていただけますか」
「☆□△○◆◎~=☆□△○◆~~~?」
「写真を撮らせていただけますか」
「☆□△○◆◎~=☆□△○◆~~~?」
要するに 何を言ったか分からなかったのですが
多分ダメだということらしい ということは 何となくわかりました

仕方がないので 中で手持ちのお水を飲み
表玄関のところだけ写真に撮って
ホテルに戻りました


2か所だけでしたが 
自分たちで行けたのだから すごかったと思いました



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。