RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12
19
CM:8

00:16
Category : 思ひ出
小さいときからメンソレータムは常備薬だった
何にでも付けた

父は髭剃り後によく付けていた
髭剃り器などというものはまだなかったので
剃刀で傷つけることもあったようだ

母は夜 水仕事が全部終わると割烹着を取り 炬燵にあたってこれを塗っていた
ああ母の仕事が終わったんだなあと思う 安らぎのひと時だった

風邪を引いて鼻の奥やのどが痛いとき
鼻の周りにべったりと付けて寝ると 痛みが和らぎ楽になった

手荒れがひどいとき これをしっかり塗って手袋をはめて寝ると
次の日はつるりとして 痛みも取れた

唇が荒れたとき これを薄く塗るとばっちりだったし
虫に刺された時も かかとのひび割れにも なんでも使った

ただ婚家では使っていなかったらしく オロナインが主流だった
夫は髭剃り後も 手荒れにも オロナインを塗った

それだけでなく いろいろな薬が出てきた

子育て中のころに 「ヴェポラップ」という薬が出た
塗る風邪薬という売り込みで 風邪の時胸に付けたり 鼻の周りに塗ったりする薬だった
メンソレータムのほうが効くのになあと思いながら
「スースー感」が柔らかったので 子どもにはそれを使った

手荒れにはアロエのハンドクリームというものが取って代わった
唇にはリップクリーム
虫刺されにはそれ専用の薬

そして今は 風邪もあまりひかないし 
手荒れもほとんどないし
唇も荒れない 
だからメンソレータムの出番がなくなり どこかにしまい込んでしまっていた
つい先日 終活だあ と押入れの中を片づけていたら
段ボールの中からこれが出てきた
もう使えないだろうなあと思いながらまたしまった




漠然と 
世の中は メンソレータム派とオロナイン派がいるのではないか
と本気で考えたことがある
大体がどちらでもいいのだろうが
風邪の時に使えるメンソレータムのほうが優っていると私は思っている





スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

子供のころはメンソレータム縮めてメンタムといってました。スースーしましたよね
あの缶に書かれてる商標ロゴのナース可愛いですね。
主人の方はオロナイン軟膏でした。
懐かしい♪

hinahina さんへ

はーちゃんさんからお題をいただきました
懐かしいって賛同してくださって嬉しいです

写真を載せたかったのですが どこにしまったのか忘れてしまいました
また何年か過ぎたころ出てくるのではないかと思っています

おいで下さってありがとう


No title

先日、私も引き出し整理してたら、
メンソレータムが2つも出てきました。

我が家も、基本、メンソレータム派で、
オロナインも使っていましたが、べたつき感や、
匂いもメンソレータムのほうがスッキリ。

脂っ気は強いけど、その分、荒れには良いし、
結構水もはじきますものね。

でも確かに、色々な製品登場してきて、
それぞれの状況に応じた専門薬の選択肢広がったせいか、
オロナインと共に滅多に使う機会が無くなって、
常備薬の場所から次第に奥まって、
10年以上そのままのも。

綺麗な黄色ではなく、中央がオレンジっぽく変色してましたが、
表面を取ってみると匂いもあまり変わってないようなので、
まだ使えるだろうと、捨てないでいます。

携帯用のアルミの商用気のは空ですが、
そのうち昔のパッケージとして懐かしくなるだろうと保存。
勿論オロナインの箱も・・・。

もっと昔、私の幼稚園~小学低学年時代は、
桃の花と言うのがあって、ビンもお気に入りでした。
取っておかなかったのが残念に思っています。

メンソレータムに良く似た匂いと使用感の、
タイガーバームと言う海外製品が一時流行りましたが、
これは遥かに刺激が強くて、唇などに使うと、
目が暫く開けてられないくらい。
場所によってはかえってヒリヒリ痛いので、
足とか丈夫な箇所用に留まります。

大きい薬局などじっくり見て歩くと、
キップパイロールとか、仁丹とか、
百草胃腸薬とか、大田胃散とか、
懐かしいのが今でも健在で売られてるのを見ると、
安心したような気分になります。

万能性の高いメンソレータムは、
変わらずまだ愛用されていくと思います。




No title

メンソレータム、今はあまり一般的でなくなりましたよね。
やはり、独特のスースー感を好む人とそうでない人とかいるように思います。
オロナインより、先にありましたよね?
よく母が、何でもかんでも
「メンタム、塗っておきなさい」
と言っていました。
でも、私はあのスースー感が苦手でした。
ベボラップも子供に使いました。
本当に今は、万能薬というより、それぞれの用途で専用のものが出るようになりましたね。
万能薬としては、我が家はオロナインです。

コーッターター さんへ

やはり同じように オロナインと二分されていたんだなあと思いました

桃の花というハンドクリームのようなものは私も覚えています
買ったこともあるような気がしますが
メンソレータムには到底負けるものでした

メンソレータムは今は使いませんがやはり懐かしいです

おいでくださってありがとう

ha-chansan さんへ

メンソレータムは昔はそれだけだったんでしょうね
それから少ししてオロナインが出てきたような気がします
私はあのスースー感が大好きでしたから
なんでもかんでも それを塗っていました
なんといっても手荒れには一番で
毎晩手袋をはめて寝ていました
今は水仕事が減ったんでしょうね
それと表仕事の時はほとんど手袋をはめていますから
ある程度きれいな手でいられます

おいでくださってありがとう


使い続けています

我が家は夫が今もメンソレータムを使っています。
現在はロート製薬が作っていますが昔は近江兄弟社が製造していましたね。
その辺の製薬会社の歴史は詳しくないのですが
現在は昔ながらのメンソレータムをロート製薬が受け継ぎ
少し内容を変えて近江兄弟社がメンタームを作っているようです。
値段がメンタームの方がかなりお安いので、私はそちらを買いたいのですが
夫はメンソレータムにこだわっているので、しかたなく高い方を買っています。
一つ買っておけば1年以上持つので有れば安心の薬です。
知らない間に製造会社が変わっていたとは歴史を感じますね。
我が家では縮めてメンソレと呼んでいます。

mamiluckyさんへ

私も詳しいことはわからないのですが
近江兄弟社の営業が困難になって倒産したと聞きました
mamiさんの話からすると 
きっと メンソレータムという名前やあのかわいい看護師さんのマーク、そして製法も売ったんでしょうね
だからロート製薬のよりも メンタームのほうが昔からのものに近いかもしれません

呼び名ですが私も この薬はメンタムではなくメンソレです

おいでくださってありがとう





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。