RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.05
11
Category : 小品
日本では桜前線というものがある
南から北へと進んでいく開花の情報を前線と呼んでいるのだが
これに併せて旅をする人もいるとか聞いている
そんな旅は 普通の主婦には望んでも叶わない夢のようなもの

それでも一度だけ名所といわれるところに花を眺めに行ったことがある
5月になってからだったので もう終わっているかなと思ったのだが
その年は春先寒い日が続いたので ちょうど満開の時季にあたった

一か所は秋田角館の武家屋敷
それぞれのお屋敷に植えられているしだれ桜が 上品に華麗に風にそよいでいた
お屋敷のすぐ傍火桧木内へ川が流れており その河岸に植えられたソメイヨシノは
しだれ桜の濃いピンクに比べ ふわふわとした淡いピンクで
見事なものだった

次に行ったのは青森弘前城址
お濠の周りにも城跡にも これでもかというくらい桜が咲いていた
散るとその花びらがお濠に浮かぶそうで
また風情があり 毎年大勢の観光客の目を楽しませている




綺麗だったのだが そしてあまのじゃくのようだが 
私の中にある桜と 何かが違う
という思いが湧いてくる



はるか昔のことになるが 
在学していたのは女子高校で その庭には数多くの桜があった
花の盛りは入学式の少し後
荒々しい男の子のいた中学校からそっと抜け出て始まった
女の子だけの新しい高校生活を祝うかのように 満開となる

そして月も末のころになると 
その散った花びらが 風邪に乗って舞いながら足元を埋めた
放課後 高箒を持って
何気ないおしゃべりと 笑いと またおしゃべりと
どこに集めるでもなく その柔らかな花びらと遊んだ
なんと美しく優しい風景だろう
何も思い煩うこともなかった
そんな私たちの周りで
ただただ 花が 回って まわって 回っていた



そう 懐かしいのは
桜ではなく その頃の思いなのだと 気づく

この時期 
花を求めながら 私はひと時 乙女の時に戻る  



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

すごいです~

こんばんわ~ おっしゃるとおり、街中どこもクリスマスムードになってきていますね。
お写真とっても可愛いですね。

dariaさんはサンタさんの役をされたのですね。
すごいです。
なかなか主役をしたくてもできない役ですよね。
先生はdariaさんがとても適任と思われて指名されたのでしょうね。

お面を被っての小さなサンタさんはとっても可愛かったことでしょうね。
小さな可愛いサンタさんを想像しながら温かい気持ちになってこのコメントを書いています。

小さい頃の可愛い思い出ですね。

とても温かい気持ちになりました。ありがとうございます。

dariaさんはエリート街道一直線!

dariaさん こんばんは。
ひつじは人間の言語を表記できなかったですよ・・・なんと6才まで!!
自分の名前もデタラメにしか書けなかった・・・カタカナなんてかなり遅くまですらすら読めなかった・・・
幼稚園教育って大切ですね。しみじみ・・・。
渇望していたのでしょうね・・・絵本は全部暗記して・・・読んでるふりは上手かったようで未だに笑い話のネタに使われます(ーー;)
dariaさんのred dariaの『赤』は幼い頃の刷り込みなのでしょうか?
『かわいいサンタさんの赤』・・・(^^)!

彩雲さんへ

12月って なんだか忙しくって それでいてしんみりするときもあったりで 慌しいですね
サンタさんねえ お面の目の小さい穴から見るのって大変だったのを覚えています
長靴を履いてました だから転びそうだったんですよ ホントのところは

この写真は文化センターのクリスマスツリーにかざられていたものです
可愛いでしょ

おいでくださってありがとう

めぇめぇひつじさんへ

子どもは ゆで卵の殻がくるりと剥けるように いつか必ず 脱皮します
それがいつかは分からないけど 必ずその日は来ます と他人には言っています
絵本を暗記したのだから ひつじさんは 頭のいいお子様だったのでしょうね

それにしても またあ 変なところに目をつけてぇ・・・
この「red」は daria で登録できなかったのでくっつけただけです
黄色が好きだったのですが スペルが不確かだったので red をつけました 色では一番短いでしょ
意味はありません 残念ながら

おいでくださってありがとう



こんばんは。 私がクリスマスで覚えていることは
家の玄関の外に「リカちゃんハウスをください、サンタさん」って書いた紙を貼ってたら、朝起きたら枕元に
リカちゃんハウスが置いてあったことです。

学生時代、ずっと芝居をやってたのですが、主役を
はったことはないというか、ちょっとへんな人の役ばっかりしてました。 唯一、小学生のころ、学芸会で
「青い鳥」のミチルをやらせてもらったことがあり、どうやらその時のカイカンが忘れられず、芝居に足つっこむことになったようです。 おかげでキャピキャピした
キャンパスライフは皆無でしたけど。

daria さんの途切れた記憶がもしずっと残っていたら
今頃は大女優になっていたかもしれませんね。

giandujaさんへ

若いころは演劇に興味があって見たりもしていたのですが 見るより 関わるほうが深く中身を考えられるということに気づいてから あまり見なくなりました
それに 福島に来るの人たちは なんとなく手抜きするような感じもします

クリスマスにもらったリカちゃんハウスはうれしかったでしょうね

おいでくださってありがとう 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。