RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07
05
Category : Dolls
小学生のとき
本棚に「小公女」と「アンクルトムの小屋」の2冊の本がありました
これは 姉がクリスマスプレゼントに買ってもらった本です
ちょっと難しい漢字が書いてあって 挿絵も 絵画風のクラッシックな感じの絵でした
私は別の本を買ってもらったのですが どうもこの本が 特に「小公女」が気になったのです
小学生で まだ低学年だった私は これを自力で読むことはできませんでした
そこで おキンちゃんの登場です
毎晩寝るときに読んでもらうのです
それが何とも楽しみで 自分をセーラに置き換えて セーラになりきって 眠りとともに夢の世界に沈み込んで行く毎日でした

このお話は 最近 現代の日本に時間と場所を移し 実写のドラマとして放送されていました
アニメになったりもしていますので 本の内容については 皆さんもご存知のことと思います

その中に お父さんと別れるときに買ってもらったお人形が出てきます
セーラはそのお人形に名前をつけてとてもかわいがります
「きっと私がいないとき 
 このお人形は歩いたり 本を読んだりしているはずよ
 私はそれを見たくて 
 お部屋に入るときそっとお部屋のドアをを開けるの
 だけど まだ見たことがないのよ」
と言うくらいでした
お人形に命を与えていたのですね

その部分がとても印象に残っていて もしかすると本当かも知れないと思い
私も真似をして 部屋を出たり入ったりしたことがありました


おとぎ話の中には お人形が人間のように恋するというのもあります
アンデルセンの童話で「錫(すず)の兵隊」というのはご存知でしょうか

錫が足りなくて片足きり作ってもらえなかった兵隊のお人形が
片足を高く挙げ 1本足に見えるバレリーナのお人形に恋をするお話です
結局焼かれて天国で一緒に・・・
なんていう結末なのですが
自分の劣等感に ちょこっと似ていて好きでした


人形に命を与えて慰めにしたり
恋しい人への思いを置き換えたり
小さい頃読んだそんなお話は 年を経ても懐かしいものです




スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

小さい頃に読んだ本は記憶に残りますね。

こんばんわ~ 小さい頃に読んだ本というのは
とても記憶に残るものですよね。
dariaさんはお母様に本を読んでもらいながら眠りに
就いていたのですね。
とても素敵な思い出ですね。
小さい頃は読んだ本の主人公になってみたり、
その言葉遣いになってみたりといろいろ影響を
与えてくれましたね。
自分は今にも通じるのですが、とにかく乗り物の
写真が載った本が好きでした。(笑)
あと、歴史上の人物の本が好きでしたが、
童話はあまり読まなかったので、今となっては
もう少し読んでいればよかったかなぁ~と思います。

私は小公子セドリックを先に読みました♪

こんばんわ

私は小公子の方を読み、読むことの楽しさを知りました。
母はもうその頃には姑達の介護で忙しく自営の為!
読んでもらったことはありませんでした。
だから子どもができた時には相棒さんと一生懸命に
読み聞かせました♪
それが良かったのかどの子も興味はノンフィクションやフィクションいろいろですが本を読む人達になりましたが・・・
はたして自分の子供に読んで聞かせることができるかはわかりません!!
でも本っていいですよね♪
この年になっても夢のある本はいいですネ(*^^)v

こんばんは~

小学生の頃、私も読みましたよ

それより「秘密の花園」を夢中で読んだ記憶があります
たしか同じ作者ですよね

dariaさんのおかげで思い出しました
もう一度読んでみようかな?


彩雲さんへ

やはり乗り物ですか
彩雲さんらしいです
男の子はそういうものに惹かれるようですね
私はそういうものはほとんど見ませんでした
ただ 宇宙もの 冒険もの たとえばロビンソンクルーソーとかが 好きで
よく読みました
子どもは好きな種類の本きり読みませんものね
母は私が眠ってしまってからも続きを読んでいたと
言ってました

おいでくださってありがとう






サリーさんへ

本ってやはりいいですね

少年少女文学全集なんていうものを買ってもらったのですが
そこに小公子もありました
読んだのですがよく覚えていません

好きな本は覚えているんですね

そういう少女もの 宇宙もの 冒険ものが好きでした
また読みたくなりました

おいでくださってありがとう


あいりすさんへ

「秘密の花園」は覚えがないんです
その名前ゆえに 
何かおもしろそうだから あとにしよう と思ったんです
そのうちに大きくなってしまったらしいのです
変なもので
好きな本って 読んでいるうちに最後まで読むのがもったいないって思うんです
おかしいでしょ 

今 皆さんのコメントを見て また読んでみたくなりました
新しい発見があるかも知れませんね

おいでくださってありがとう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。