RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12
28

TB:0
09:00
Category : 思ひ出
時系列からいうと 行ったり戻ったりでおかしいのですが
平成3年12月28日は おキンちゃんの結婚50周年つまり金婚式でした

おキンちゃんの夫 (私の父ですが)は もうその時大分弱っていました
大腸癌の手術をしたのがこの5年位前で たぶんそれが取りきれなかったらしく 腰が痛いと言っていました  
転移若しくは悪化していたのだと思います
子どもたちもそれぞれに家庭があり なかなか一緒にお祝いするということも出来ませんでした
姉や弟は花を贈り 私ははおすし屋さんに二人分のお膳を届けてもらうことにしました
二人で始めた結婚生活なのだから 二人で祝うのもいいねと思いました

戦争が始まっていて こんなに押し迫った時期に結婚式を挙げたことについて 父に聞くと
「28日だと休みになるから みんなに迷惑かけないように なあ」
と言っていました

満州に行って 子どもを連れて引き上げてきて 父も帰ってきて 福島県をあちこち転勤して回り 50年経ったのです。
満州に全部荷物を置いてきて そこから子ども3人を育て 家を建て 公務員として勤め上げ 大変だっただろうけど振り返ってみるとたぶんあっという間だったでしょう

父は頑固でしたが曲がったことが嫌いな人でした
その頑固さではおキンちゃんは苦労したと思いますが 酒もほとんど飲まず ギャンブルもせず 女遊びもしませんでしたから お金はなかったものの 幸せな結婚生活でした

この時期だったのでしょう
おキンちゃんの手芸仲間が来たときに いつもは玄関口には出たこともないのに 出てきて
「お世話になります
 よろしくお願いします」
と頭を下げたのだそうです
自分が先にいくことをなんとなく察知していたのかもしれません
一人おキンちゃんを置いていくのが 心配だったのでしょうね
女なんて 置いていかれても結構したたか生き延びるものなのですが・・・



     一応この12月28日というのは      
     おキンちゃんの結婚記念日という私の原点とも言うべき日なので  
     簡単に書いてみました


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。