RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01
11
Category : 日常
農の初め・・・「農のそめ」といってお正月休みも終わって農業をやってもいいよ という この辺りに伝わるお正月の民間行事です
農家にとっては 農業を始めるきっかけとなったものなのでしょうが まだ外は寒いですから この日から働き始めるというものでもないようです

昔は(といっても つい最近まで) 特別に歳神様を床の間に祭りました
松は三蓋松あるいは三階松といって 枝葉が三段になった大きな松を飾りました
それを床松(とこまつ)といい その松だけを 正月11日 他の松に先駆けて送るのです

朝 赤飯を炊いてお供えします
枡を用意しそこに お供えしていた餅 リンゴ みかん 干し柿 栗 などをひとつだけずつ下ろし 白米 塩 ろうそくと一緒に家の前の畑に送ります

その家の主人が神棚の松をおろし
「ほーい ほい 床松送りだ ほーい ほい」
といいながら歩きます
他の家族が果物などが入った枡を持って後に続きます

鍬で少し畑を掘り返し 松を立て 枡の中のものを供え お灯明をつけお参りします

DSC00025.jpg


りんご みかん 干し柿などは お供えしたものから少しだけ分けてもらいます 


また 棚探りといって 重ね餅の一部を戴いて焼いて食べます














これがだいたいのこの行事の内容です


    この日まで なんとなく何も出来ないような気がするわけです
    といいつつ いろんなものを休んでいます
    さあ お正月の行事もあと2 3ありますが
    このお部屋も 通常に戻せればいいなと考えています


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

コチラはこのころはどんど焼きです。

こんばんわ

コチラ清水に来てからはあまり大きな行事としては
秋葉山があるんでそこでは大きくやっているようですが・・・
この頃の神社では火事のもとだってことで自粛ですが、富士宮等では秋葉山に近いため3色の団子を先が3つになった枝につけ銀が見で団子を包んで〆縄や習字の紙を焼きあぶって食べます。
そして玄関には花びらに見立てた餅花を飾るのがこの時期の風習です。
同じような意味ですか??

こちらはないです

色んな行事があるんですね
はじめて知りました
こちらの地方にはほとんど行事はありません
子供の頃、サリーさんのところのように「賽の神」とか「どんど焼き」とか言って〆縄や習字の紙などを焼いたのを記憶しています
たしか年男とか年女が火をつけたと思います
それも最近はほとんどの所で廃止されています

昔のいい所がどんどんなくなっていくような気がしています

サリーさんへ

どんど焼きともまた違って 家に飾った松のうち 1本だけ自分の家の畑に送ります
後は 神社にもって行って納めます
昔は焼いていたのでしょうが 今はもうそれはなくなりました

福島県でも今でもそんな風習があるところがありますが だんだん少なくなっていくのでしょうね

お正月も後少しで終わりです

おいでくださってありがとう

あいりすさんへ

今 古くからの農家を除いては このような農のそめをしているのは ほとんどありません
たまたま しきたりを守り続けてきた姑の影響でしょうね
でも だんだんそれも薄れてきています
将来 私の子どもは多分受け継がないと思います
時の流れですから 仕方ないと思ってます

おいでくださってありがとう

古式豊かで 良いものですね!

年の初めには いろいろ 初事がありますよね。
農業にも 農初め という儀式があるんですか。
daria さんのおかげで 私もおぼろげに思いだしました。
海辺の町では 漁の初め 乗り初め って言ったかな???
お正月飾りの漁船に、威勢の良いお兄さん達が乗り込んで、父がサラリーマンだった私も 船主の友達の家に行って お相伴にあずかったものでした。 
何をご馳走になったかは 忘れてしまいました^^

daria さんちは良いね~!  遠いふるさとみたいです (*^_^*)

ヤナギorミズキ

dariaさん 寒中お見舞い申し上げます。
遅ればせながら・・・
本年もdariaさんにとって素晴らしい年でありますように(^^)
昨日TVで『団子さし』のニュースを見ていて・・・父が「コチラはヤナギにさすけれど福島はミズキにさすんだよね。」と話しておりましたが・・・?
連休は百貨店主催の『初釜』の当番でした。諸流の床の間の飾りも独特で・・・
ウチの流は「三方に神楽鈴」お花は「青竹に長~い柳をくるりと巻いたものに千両」でした。
季節の節目を大切にする日本の文化を改めて誇りに思います(^^)
農始祭も感謝デス!!

こんにちは

dariaさんのお宅はいつも楽しそうなイベントで賑やかでいいですね♪

私の知らない行事、祭事などいろいろあって、とっても刺激になります。

今日の奈良は冷たい雨です。

春が待ち遠しいですね。

雰囲気のある、いい写真ですね♪

めだか姐さんへ

お正月の行事は神様なので 罰が当たるといけないと思い 緊張しながら行っています
でも ずいぶん省略し 簡略化しています

海の初〇〇は きっと威勢がいいでしょうね
どこかで 「農業は守りで 漁業は攻めだ」って聞いたことがあります
見てみたいものです
きっと 元気になるでしょうね

それから 成人なさったのは めだかさんちのお嬢さんですか
おめでとうございます
美味しそうなご馳走が並んでいて ほのぼのしたものを感じました
幸せな20歳ですね
おいでくださってありがとう

めぇめぇひつじさんへ

ひつじさん ありがとうございます

団子は 14日に餅をついて 丸めたものをさすのですが 今はヤナギが主流になりました
稲荷神社の市で買ってくるのですが 今ミズキを売っているのは 1軒か2軒になってしまいました
そこも 売っているときとそうでないときがあります
今年はどうなりますか

茶道は 歴史を忠実に守り栄えてきたので いろいろと学ぶところが多いと思いますし あの独特の雰囲気は 好きです
今はもう出来ませんが いいなあと思うときがあります

おいでくださってありがとう

サラギーナさんへ

賑やかでもないのです
結構しずしず(笑)と行っているのですよ
生まれたときからその中にいれば何ともないことでも 後から入った者にとっては とても大変です

松を送った畑は 夏の片付けも出来ずに冬になってしまった感じです
あんまりいろいろ眺めないでね

おいでくださってありがとう

ここだけの話 ^^;

daria さん! 何を仰います~ (;一_一)
上の孫ですよ~ (汗)
不肖 めだか 二十歳そこそこで 結婚、同じく 娘も・・・
よって 40代ギリギリで 祖母になりました~ ^^

しかし、60代で 曾祖母 は 無理?みたいです。 

余談です  お返事は良いよ ^^ 

初めて知る行事です。

こんばんわ~ 農の初めの行事を行ったのですね。
初めて知りました。
とても詳しく説明して下さっているので、うなずきながら拝見しました。
これからまだまだ寒い時期は続きますが、今年もたくさん収穫できるといいですね。

めだか姐さんへ

うわあ 姐さん かっこいい
コメントできなかったので 他のところに書くのもなんだから ここに書いてみました
あらためて おめでとうございます
無事20歳になったのは 本当におめでたいことです
可愛いでしょうね
自分のこと考えると やはりうるっときますよ
私ンとこは今4歳だから 後16年です
がんばろう

おいでくださってありがとう

彩雲さんへ

日本全国にお正月の行事が50以上あると NHKで言ってました
土地によっていろいろなものがあるのでしょう
彩雲住んでいらっしゃるので いろいろ変わったものもご存知のことと思います

この行事は ごく限られた地区にだけ伝わっているのかと思ったら 郡山のほうでもやっていると ブログに書いている方がいました 
驚きました

私も ブログを書きながら いろいろなことを発見しています

おいでくださってありがとう

いいなぁ・・・

dariaさん
僕の生まれ育った博多では
それなりに面倒で楽しいお正月があります
祖母から母へきっちり仕込まれて
それを幼少から手伝っていた僕にも
ほぼ受け継がれています
職業がら年末年始は忙しくしますが
強引に晦日の買出し
年越しから年始への行事を
味わいながら過ごしてきました
今年はゆっくり御節を・・・
と、張り切って買出しに行った
大きな連合市場の駐車場
入り口の低いポールを見逃して
ガシャンっとやってしまいました
高いテンションもそこを境に
ずんずんと下がって微妙な正月
dariaさんの着々と進む行事をみて
ただただ羨ましく思っていました
僕も次回からはがんばってちゃんと
お正月します

atelier.k さんへ

いつか 何らかの形で 私が受け継いだものを書いて残しておかなければと思っていたのです

お母様は お嫁さんですよね
小さいころからそこに馴染んでいるのではなく 途中からその家に入って いろいろなことを受け継ぐのは とても大変な努力が要ることなんです
きっちり受け継いだお母様に拍手です
よろしくお伝えください

私など 大分省略してしまいました
後に伝えることはしていません
長男の奥さんが 何とか 覚えようとしてくれていますが 無理強いはしないようにしています
ただ こんなことをしたよって 残ればいいなと思っています

あの世に行ったら ははに 伝えられませんでしたって謝るつもりでいます

おいでくださってありがとう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。