RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01
05
CM:5

09:00
Category : 未分類

「戸籍」


日本には戸籍というものがある
字に表れているように 
人の記録であるはずなのに これは戸の籍 つまり家の籍というのが始まりなのだろう

昔の戸籍には 戸主の名が一番前に書かれていた
そしてその人との関係が連綿と書かれてくる
父 母 妻 弟 妹 長男 二男 長女 長男の妻 姪 婦 子 孫 等々 
今の若い人が見ても関係が分からないものもあるだろうと思う

内縁関係というのはご存じだろう
籍を入れてはいないけれど 生活上夫婦の生活をしているというものである

少し耳慣れないかもしれないけれど 外縁関係というものもある
昔の話になるが 遠く外国に移住した男性のところに嫁ぐとき
まだ会ったこともないのに結婚届を出して入籍し 渡航した
ずいぶん前の写真を送ってきてそれを信じて行ったら 
かなり年を取っていたという話を つい先日テレビで放送していた
そんなこともあったらしい
今のように外国に行くのが簡単に許されない時代だったから
そんな風にしないと海外には行けなかったのだという


私が結婚したのは12月26日で届けたのは翌年の1月5日だった
本当は次の日に出したかったのだが 
住んでいるところの市役所の支所が年末の休暇に入っていて開いていなかった
仕方なく1週間ほど内縁関係(?)だった
私の両親も12月28日に結婚して翌年1月23日に届を出している
それについて母に聞いたことがあった
すると母は
「うん あのころは1年も2年も出さないで 子供が生まれて初めて出す人もいたよ
 子どもがまだ生まれないうちに出したんだから
 家は早かったんだよ」
と のんびりと答えた
そんなものだったのかもしれない


前の家中心の戸籍は 戦後 夫婦と未婚の子を一つの戸籍に入れるという形になった

ほんの少しの間内縁関係だった私達も めでたく新戸籍を作った
これを巷では「入籍」という
ううんそれは違うよ と思うのだけれど 
長年の呼び方なのだから ま 仕方ないか


それから ン十年
つい最近娘が結婚したため戸籍謄本を取った
ああ 変わったなあ
前は原本をコピーしたものだったのに パソコンで打ち込まれたものになっていた
必要なこと以外は全く書かれていないもので
子どもも三人いるが 既に結婚している二人は
パソコンに入れたときにすでに除籍されていたので もう書かれていなかった
娘だけはまだ未婚だったので残っていたが 結婚したので 「除籍」となっていた



そして私たちは
結婚した時と同じように 二人だけになった


このシリーズ 終わりです
2014.12
09
CM:2

08:41
Category : 未分類
知らない土地に行ったときは もちろんナビに頼りきりになるのだが
どこかあまり信用していないところがあった
「○○キロ先で事故がありました」
とよく言うが そこまで行っても事故があったためしがない
前に東京の環八から東名l高速に入ろうとしたことがある
今はC2なるものがあって 楽に行けるのだが 
その当時は というよりその時初めてだったので ナビの言う通り走っていたら
とっても狭い道を 環七まで案内されたことがある
もっとも それはナビを見た私が夫にナビしたので 何か行き違いがあったのかもしれないが
「ナビの言うことは無視して!」
と 東京の地図と道路標識を頼りに東名に乗ったことがある
このナビは中古品だったので まあ仕方がなかったのかもしれないが
それ以来 時々ナビが信用できなくなる

それが 一昨日は違った
午後5時郡山(自宅から50キロほど)から自宅に向かった
ナビを設定する
「自宅に帰るののナビかよ」
と思われる方もいらっしゃると思うが 時々声が聞こえると楽しいので つける

10キロほど走った時 突然
「4キロ先で交通事故がありました
 15キロ先で交通事故がありました
 別ルートでご案内いたします」
4キロ先だからまだナビには表示されないが 進んでいくと
「次の信号を右に曲がってください」
ナビの指示する交差点が見えてきた

あ ここかあ
ああ 本当に信号の先はずっと止まっているなあ
でも交通事故だったら一車線は通れるだろう
うーんどうしよう
右に曲がれって言ってるけど
ああ あの車は左に曲がったよ
あ みんな右に曲がっていくよ
でも すぐに通れるようになるんじゃない?
と思いつつハンドルを右に切った

「左に曲がってください」と言っているのに 左に道がなかったり
線路を越えたり ごく狭い道に入ったりした
大型のトラックまですれ違う
あ 失敗したかも と思ったが 引き返すわけにもいかない
もう5時30分を回っているから 周りは真っ暗である
すぐ目の前に同じ交差点のところで曲がった車がいたので
必死にその車の後を追った

20分ほど走って 前の車は別の道路に入って行ったが
私はナビのいう通りにして国道に戻った
地元の放送局だとこういう時に交通情報を流してくれるのを思い出した
「只今国道4号線で事故があり 車から火災が発生した模様です
 上下線とも通行止めになっていましたが 上り方面だけ解除されました」

私は下りだったのでまだ通行止めになっている
ナビの言うことは正しかった
無視して止まっている車の後ろに付いたら 少なくとも1時間は帰宅が遅れたはずである

ナビちゃん ありがとう



2014.12
07
CM:4

21:59
Category : 未分類
nanacoカードというのをご存じですか
セブン&アイホールディングスグループで使用できる電子マネーカードです
すぐ近くにヨークベニマルがあり 買い物は大体そこでするので
このカードを持っています
毎日使うので 結構ポイントもたまって嬉しいのですが・・・

先日大阪に行った時のこと
行く前の日お財布の中を全部出して カードを整理したのです
診察券やらあまり使わないカードなど 一応別のところに移し
クレジットカード1枚だけ残しました
その時nanacoカードをどうしようと迷いました
大阪で使うといっても セブンイレブンはあまりないのかなあと思い・・・
それでももしあった時はそこで使えるなあと思い・・・
1回2回使うだけなら 置いて行ってもいいしなあ・・・
と迷いに迷い・・・
その後の記憶がないのです
持って行ったのか 置いていったのか・・・

帰ってきて いざ買い物に行こうと思ったとき ないことに気づきました
さあ大変❕❕
バック ハンドバック 置いていったカード入れ 
探しても探しても出てきません

まあ仕方ないかなあ と電話し カードの紛失を届け
丁寧にこれからの手続きを教えてもらいました 
ただ届け出てから3日間は使われても保証しないと言われ
「普通のカードは即停止でしょ」と思いながらも 
自分が悪いんだから仕方ないなあと新しく作る手続きをしました

幸いなことに 使われることなく3日間が過ぎ 
チャージしていた金額とポイントが全部新しいカードに移してもらうことができました

カードを作るのに300円かかりましたが
誰かに拾われて使われてしまったら2万円くらいの損だったので
まあ よかったと思わなければならないでしょう
自分の行動にはくれぐれも気を付けることにしま~す


2014.11
30
CM:2

22:58
Category : 未分類


東京から成田まではいろいろな方法で行くことができる
と言っても 私はもっぱらスカイライナーを使っている

余談 その1
あるツアーで長野の人とお話するようになっていた
「帰りはエクスプレスですか?」
とその方が聞いた
「いえ スカイライナーで 日暮里まで行きます」 と私
「ああ そうですか そのほうが近いですね」
「長野ですから エクスプレスのほうがいいんですね」
「そうなんです 東京まで・・・」
心の中で もしかすると東京駅で会うかもと思ったのだが
 「じゃあまたいつかお会いできるといいですね」
と別方向へ向かった

案の定 東京駅で 同じホームで 乗るところもほぼ同じところで また会った


本題に戻って

日暮里から京成電車のスカイライナーに乗る
全席指定だし 今はノンストップで空港まで行けるし 時間も短縮された
最初のころは1時間は見ていたが今は40分くらいである
降りるとすぐ空港だから便利である

その時は あと10分くらいで空港というところで電車が止まった
ノンストップなのになんだろう
と思っていると アナウンスがあった
「成田空港駅で人身事故があったため 只今停車しております」
え~?
間に合うの?
私はあわてて娘に電話した

「ねえ 今スカイライナーストップしてるんだけど どこにいるの?」
「もう空港だよ」
「多分間に合うと思うけど あ 動いた・・・」

余談 その2
私が娘に電話したのには 理由がある
娘は私たち夫婦がなかなか海外旅行に行かないのを不憫に思ったのか
言葉は悪いが策を弄してそのきっかけを作ってくれたのである
最初のカナダ旅行の話が出たのはその前の年のことだった
娘から
「お母さん 9月 カナダに行かない?」
との電話に私は躊躇した
というのも おととしの夏は 塾の特別教室に今まで初といってもいいほどの人数が集まり 8月9月はとってもとっても忙しかった
今年は何人来るかわからないのに 
9月までに パスポートを取って・・・というのは考えにくかったからだ
「無理だよ どう考えても」と断った

次の年5月再び
「お母さん カナダに行こう」
「エーッ 何言ってるの 新型インフルエンザが出たっていうのに」
5月の連休明けにメキシコ カナダなどで発生したとの報道があったばかり
そんな時になんということを!
「今カナダで何が起こっているか知ってるの?」
「知ってる 知ってる でも大丈夫だよ」
医療関係の仕事をしているとは到底思えない言葉である
もちろんのこと却下

けれども娘は負けていなかった
7月になって再び電話
「おかあさーん 九州に行かない?」
どうしてもどこかに行きたいんだ
誰か友達とでもいけばいいのに 
・・・それも気をつかうのが嫌なのかも知れない・・まあ仕方ないかと
「ウーン 九州ならいいかなあ」と軽く返事した

そこから娘の反撃が始まった
「九州はよくて カナダはダメなんだ
 インフルはあちこちででてるよ
 じゃあ 危ないから今年のお盆は帰らないよ」
お盆に帰らないということが一番の殺し文句となることを 彼女はよく知っている

おずおずと
「でも インフルが・・・」
「大丈夫だよ 若い人がかかるんだよ高校生とか大学生とか・・・」
「年寄りはかからないって言うから わたしたちは大丈夫だけど・・・ あなたはまだ若いでしょ」
「だいじょうぶです 私は」
「まあ わたしもあなたの年は分かるけどね」
「うるさい」
そんな会話のあと しぶしぶ行くことを承知したのだった

1度目は家まで来てくれた
2度目は日暮里で会い
3度目は成田のホテルで待ち合わせた
私たちが二人で旅行できるように だん遠くしていったらしい
ところが2度目と3度目は 信じられないほど遅く来て 待ちに待った
4度目は空港ね というわけでこの時のスカイライナーだったのだが
もしまだ東京にいたら スカイライナーが動かなければ 乗り遅れることになると思ったからである


本題に戻って

スカイライナーは10分ほど停車して何もなかったように動き出した
私が利用している旅行会社のツアーは出発時刻の2時間前が集合時刻となっている
お昼頃離陸する飛行機の場合 朝一番の新幹線に乗ったとしてもギリギリで 「一」や「二」に時のように交通機関がアウトになると もう空港に行けなくなる
ということは旅行に参加することができなくなるということなのである

静岡から参加した方の話によると
「遅れたら来るまで待ってるはずだから 朝出てきますよ」
余裕のお言葉ではあるが 日本の航空会社は待っていてくれるかもしれないが
外国の会社だと待たずに出発してしまうらしい
一人二人待つより 搭乗者全員を定時に運ぶことのほうが大事なのだ


海外旅行の時は 空港のカウンターに着くまでは緊張が続く







2014.11
29
CM:2

23:24
Category : 未分類
羽田にせよ成田にせよ 私の家から空港まで4本の電車に乗らなければならない
いつもは普通に走っているのに たまたま私が乗った時にトラブルは発生した


家から新幹線の最寄りの駅まで電車に乗る

日本一高い運賃なのだそうだが かの東北大震災の時だっていち早く動いたこの電車
昼間はあまり乗る人がいないのでサイクル電車となった
自転車も一緒に乗れるというもので 実際自転車を持ち込んで乗っている人を見たことがある

ツアーの集合時間が9時だと 
朝一番の新幹線で行っても少し遅れるので 前泊することになる
仕事を少しだけ早じまいして出かければ日暮里までは行ける
そこで泊まろうということになり 夜のごはんを持って出かけた

電車は走り出したものの 何かおかしい
車掌さんが行ったり来たりしていて 何かお客さんに説明しているような・・・
はっきりしない
そのうちアナウンスがあった
「故障した電車を運ぶために 皆様には 美術館図書館前で降りていただきます」
という
その後は・・・?
それに関しては何も言わず その駅に着いた
そこから新幹線の駅までは歩けない距離ではないが トランク持ちではつらいものがある
電車から降りたらバスでも待っているのかと人の流れに乗って歩いていくと
みんなそれぞれの方向へ歩いていく
何これ?

ややしばらくして 夫が何人かの乗客とともに「タクシーを手配して終点の駅まで送ること」と駅員に話を付けた
やがて何台かのタクシーがやってきて 駅まで届けてもらい 
予定していたより2つ後の新幹線に乗り 無事東京に着いた

後から聞くと 美術館に誰か有名な人の絵が展示されていたらしく 電車を増発した
車庫に入っていて使われていなかった電車まで総動員した結果 故障したらしい
前泊だからよかったものの 当日だったら 飛行機にも乗り遅れるところだった



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。