RSS
Admin
Archives

ダリアガーデンへようこそ

ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
旬の花時計
アシタカさんの花が次々と変わります
プロフィール

daria

Author:daria
ダリアガーデンへようこそ
花は私たちを癒し 
力を与えてくれます
どうぞゆっくりご覧ください

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.07
24
CM:7

09:38
Category : 日常
終活で押入れの中の物を出してみたら
まあ 出てくること出てくること 
要らないと思しきもの あり
裁ち切った袋物 あり
編み半端のセーター あり
何か作ろうと思ったであろう端切れの数々 あり
片づけようと思った押入れが とんでもないことになり始めました

それに加えて 物置というものがあります
広きゃいいもんではないのに
この物置 広いんですよ
「内装」って売り出されていたものなので 気密性はいいので
家を建て替えるときに 荷物を入れ
実家の母が亡くなった時 欲しそうなものを持ってきては入れ
それから15年 様々な捨てられないものを入れてきたので
今や満杯
そこを片づけ始めたら
またまた いろんなものを再発見
捨てるのはもったいない・・・
ということでチクチク縫い始めました

これはその二つ目の作品です
多分スカートを作ろうと思って買い求めたものだと思うのですが
シャリ感のあるウール地で作りました
想像以上によくできた・・・?

夫が町内会に出席するときのための薄手のトートバックです
A4のファイルが入るサイズに作りました


DSC04491 (480x640)








2015.07
22
CM:4

10:36
Category : 未分類
鳳仙花という花をご存じですか?
小さなかわいらしい花が咲いて種ができると
ちょこっと触っただけでもパチンと小さな種がはじけるのです

昔むかし 私が小学生だった頃住んでいた市営住宅の庭に
咲いていました。

そのパチンパチンがとっても楽しくて 種になるのを待ち焦がれていたものでした

その鳳仙花の種をもらいました
植える時期は少し遅かったのですが ようやく一人前に大きくなってきました
後は花が咲くのを待つばかりというところです

DSC04499 (640x480)

それと一緒に 向日葵の種ももらいました
震災の年に畑一面に植えたのですが それ以来ご無沙汰でした
何といっても夏の花と言ったら向日葵ですものね
今年はそれを楽しむことができます
まだ小さいのですが どこまで大きくなるか楽しみです

DSC04500 (480x640)


アガパンサス
除染のためにあちこち移動させられて
まあ かわいそうなこと
それでも今年は2本だけ咲きました
これはその大きい方です

DSC04501 (480x640)


夏の定番 百日草です
切り花にネ 最適です
ずっと長く咲いてくれます
助かります

DSC04502 (640x480)


2015.06
26
CM:5

12:03
Category : 日常
あっという間に6月も終わりに近づいてきました
そして
夏野菜が
待望の夏野菜が食卓に並ぶようになりました

一年中売っているキュウリやナスも 自分の家で採れるようになると
とっても幸せと思うのです
作ってくれる夫に感謝しつつ
頂きました


さやいんげんのお浸しとミニトマト
キュウリの麹づけ
茄子とピーマンの炒め物

DSC04459 (640x480)


茄子のお浸し
  (これは3日前に食べたものですが)

DSC04456 (640x480)



こういうのを食べていると 他所で食べようと思わなくなってくるんです
たまには外食もいいと思うのですが
・・・
困ったもんです

2015.06
04
CM:9

06:08
Category : 未分類
あのキウイの木の下には 茗荷と蕗が植えられています
家の北側にあり日陰になるので茗荷にはもってこいの場所です
蕗にはどうかな
そうなんです 蕗は出てくるのは出てきますが
まず 細~い
ここ十数年この蕗は食べてはいませんでした

例の原発の放射能の問題で
2年前ここのキウイからは少しだけセシウムが出ました
でも夫も私も歳ですから「えーい食べちゃえ」と いただきました

そして昨年は茗荷の花の蕾(ふつう薬味として食べるもの)からも少しだけ出ました
これも 軽く塩をして水洗いし酢と砂糖で漬け込んで 食べました

そして今年
放射能の検査もずいぶん楽になりました
3年ほど前は1キログラムをみじん切りにして持って行かないと計ってもらえませんでしたし
それは食べることはできませんでした
でも今は 700グラムをそのままの姿で計ってくれます
そしてそれを持ち帰ることができるようになりました

前置きが長くなりました
茗荷は500グラムしか取れなかったのすが
参考にということで計ってもらい OKでした
蕗はあまりに細すぎて200グラムでしたので
ほぼ同じ場所から採ったのだから 茗荷の結果と同じと考えることにしました

さあいただきましょう
豆茗荷
炒り豆と茗荷を刻んだものを出汁と醤油で味付けしたものです

DSC04417 (640x480)


蕗とマイタケの炒め物
何度も書きますがあまりに細いので皮をむかずに
砂糖醤油で佃煮風にじっくり炒め煮にしました

DSC04419 (640x480)


茗荷は毎年の味でしたが 蕗は 我ながら絶品でした

2015.05
30
CM:4

14:01
Category : 日常
母が亡くなって遺品を整理したとき 
まだ手を付けていなかったこのお相撲さんの模様のふきんを見つけて持ってきました

そして押入れに・・・

15年もそのままいろんなものと一緒に放っておいたわけです

刺し始めれば1日もかからずにできてしまいました
お相撲さんに見えますか?

DSC04430 (480x360)

模様は描いてあったのですが
続けて刺せる線が短いので 
これに手を付ける気力が 母にはもうなかったのだと改めて思いました
懐かしいと思いながら刺してみました





昔近くの温泉街に手作りの品を委託販売してくれるお店がありました
母は別に生活に困ったわけではないけれど
そこに刺し子のふきんを出していました
それが人気が出てきて催促されるようになり 
私も見よう見真似でそれを作って出すようになりました

昔刺した時の手は結構覚えているもので
15年経っても 同じ数の針目で刺すことができました

DSC04429 (480x360)

本当は広げてお見せすればいいのでしょうが 
少しでもアラが見えないように   折りました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。